おもしろがり速報

芸能ニュースや旬なニュースをまとめてお届けします。
芸能人、有名人、アイドルの噂やスキャンダルなど
おもしろネタや記事を配信します。

    タグ:離婚


    石田 純一(いしだ じゅんいち、本名:石田 太郎(いしだ たろう)、1954年〈昭和29年〉1月14日 - )は、日本の男性タレント、俳優、YouTuber。 東京都目黒区出身。血液型はA型。メロン所属(リクコーポレーション提携)。かつてはスカイコーポレーションに所属していた。
    54キロバイト (7,264 語) - 2022年5月6日 (金) 01:06
    嫌なものは嫌・・・はっきり言うこと大事だよな・・・・

    1 鉄チーズ烏 ★ :2022/06/15(水) 07:10:11.32
    エンタメ・アイドル 投稿日:2022.06.15 06:00FLASH編集部
    https://smart-flash.jp/entame/186236/1

    (出典 data.smart-flash.jp)


     役者稼業の父子鷹だが、ともに離婚と再婚を経験し、不適切な言動で世間を騒がせてきた2人。ドラマ出演で人気絶頂だった当時を振り返りつつ、現在の撮影現場に漂う空気について持論をぶつける一席ーー。

     6月初め、ある父子が1年ぶりに顔を合わせた。父は、バブル期の“トレンディドラマ”を象徴する俳優の石田純一(68)。息子は、『ひとつ屋根の下』(フジテレビ系)や『未成年』『聖者の行進』(ともにTBS系)などの平成の大ヒットドラマに出演し、天才と呼ばれた、いしだ壱成(47)。父子ともに演技力は評価されるが、私生活のトラブルの多さから“お騒がせ”のレッテルを貼られている。

     久々の対面は、父から子へのクレームで始まった。

    純一 週刊誌になんでもかんでもしゃべったらダメだよ。

    壱成 やめよ、その話。

    純一 記事のせいで、娘の学校の先生に怒られたんだよ。

     先月、女性週刊誌で、「マトリが来るから逃げろ、と父から電話があった」と壱成が話したと書かれた記事について、純一は怒っているようだ。

    壱成 僕には“解離性障害”があって、記憶がないんだよ。

    純一 うーん、記憶がないのはわかったけど…マトリとかそういう話は普通の社会ではありえない話なんだよ。

    壱成 僕が意識的に話したわけじゃないことは理解していただきたい。申し訳ない。

    純一 でも、マトリって言葉はどこから出たの?

    壱成 あることないことを週刊誌にチクった人たちがいたんだよ。とにかく僕は「父が心配です」って言っただけ。精神がおかしいなんて話は絶対にしてないから。

    純一 まあいいや、元気でやってくれさえすれば。

     対談の本題は、芸能界を騒がせている性暴力問題。役者父子である2人の考えはーー。

    壱成 園子温監督の件から、いろいろな監督や演出家が叩かれる事態になっていますね。園さんには僕も何度かお世話になっていて、彼のように有能な監督が叩かれて映画を作れなくなってしまうのは残念です。でもあの人、性別は関係なくて、僕も口説かれたくらい(笑)。だから実際はそこまで深刻な話ではなくて、“見え方”が悪かったんだと思う。

    純一 もともと、監督と女優の恋愛沙汰っていうのは昔からあったわけだ*。

    壱成 いちばん何を守りたいかっていうと、園さんの才能ですね。ある行為が断片的に切り取られたのだとしたら、不運だったと思います。

    純一 でも最近の問題を見ると、女性側の目線も考えようよと俺は思うけどね。たとえば、新人さんとか弱い女優さんの立場は気遣う必要がある。「え、こんなことをしないと役をもらえないの?」みたいになっちゃうと、可哀想かな。

    壱成 逆に男のほうも不憫で、普通に相手に恋をしてるだけの場合もあるから。園さんの場合は、特にそうだと思う。

    純一 なるほどね。今は女性が強くなって訴えられるようになったのはいいこと。ただ、男が被害者の場合もある。俺は若いころ、業界関係者の女性に「私とヤッたら、このCMに出してあげるわよ」って言われたことがある。外国映画も含めて監督や俳優に迫られ、何度も怖い思いをした。そこで思ったのは、「嫌なものは嫌」ってこと。俺はこういうのはやれないと、自分の中に規範ができたんだ。だから、無理やりは絶対できない。

    壱成 純粋なファン目線でいえば、園さんの中にモチベーションがなくなり、新しい作品が観られなくなってしまうと残念ですね。結局、ファンがいちばん損しちゃうのかな。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    【【驚愕】石田純一さん マジでか!?そんな怖い思いをしてきたのか・・・・・wwwwwww】の続きを読む


    益若 つばさ(ますわか つばさ、本名:益若 翼(読み同じ)、1985年10月13日 - )は、日本のギャルファッションモデル。身長150cm、体重37kg。埼玉県越谷市出身。『Popteen〔ポップティーン〕』の読者モデルとして人気を博し、着用した服やアクセサリーが瞬く間に売れるなど突出した経済効
    30キロバイト (3,550 語) - 2022年6月8日 (水) 07:27
    離婚に骨折か・・・・いいことないな・・・・

    1 首都圏の虎 ★ :2022/06/08(水) 16:20:15.94
     2015年末に交際をスタートさせた益若つばさ(36才)と『SEKAI NO OWARI』のボーカル・Fukase(36才)が破局したことが分かった。

    《先日アメリカから帰国する日に階段から落ちてしまい、尾てい骨の上の仙骨を骨折してしまいました(中略)救急車を呼んで担架に運ばれロスの病院へ行き、骨折と診断されました》

     5月30日、益若は滞在中のアメリカ・ロサンゼルスで骨折し、友人宅で療養生活を送っていることをインスタグラムで報告した。異国の地での緊急事態。益若の知人は「きっと心細いだろうに……」と彼女を慮る。続けてこう明かすのだ。

    「実は、益若さんは彼と別れたそうです。傷心に骨折と悲しいことが続いているので、彼女のメンタルが心配ですね」

    「彼」とはSEKAI NO OWARIのFukase。6月リリースの新曲『Habit』のミュージックビデオも話題となっている。

     益若とFukaseは同じ1985年10月13日生まれで、血液型も同じB型。運命を感じたFukaseが益若にアプローチし、交際に発展した。益若は2007年に読者モデルの男性と結婚。翌年に長男を出産したが、2013年に離婚した。Fukaseはその長男とも仲よくなり、まるで本当の親子のように接してきた。

    「大人数でのバーベキューに、3人で参加したこともありました。お子さんもFukaseさんに懐いていて、実の親子のような関係でしたよ。お互いの家を行き来することも多かったようで、益若さんはFukaseさんの健康を気遣って手料理を振る舞うこともありました」(前出・益若の知人)

     オープンな交際で、街中でふたりを見たというファンの声も絶えなかった。しかし、昨年頃から目撃談が激減しているという。その頃、益若は心境の変化を明かしていた。

     昨年8月、『アッコにおまかせ!』(TBS系)に出演した益若は、再婚について問われると、「当初は家族とかも“再婚できたらいいね”と言ってたんですけど、ここ最近になって果たして結婚って本当に必要なのかっていうフェーズに入ってきちゃって」と思いを語っていた。交際を始めて7年目に突入したふたりの関係は、新たな局面を迎えているようだ。

    「近年のFukaseさんはミュージシャンとしてだけでなく、俳優業に挑戦したり絵本やグッズの販売を手がけたりと、活動の幅を広げていました。それはいいのですが、何かに興味を持つと周りが見えなくなり、益若さんをほったらかしにすることがあって、揉めることが増えたそうで……」(Fukaseの知人)

    全文はソースで
    https://news.yahoo.co.jp/articles/209f303cd92df65e2e2f2b195d31af398cca418e

    【【注目】益若つばさ なんとダブルで…これは辛いな・・・!!!!!!】の続きを読む


    篠山 輝信(しのやま あきのぶ、1983年12月10日 - )は、日本の俳優、タレント。東京都出身で、玉川大学芸術学部を卒業し、スペースクラフトに所属している。 父は写真家の篠山紀信、母は歌手の南沙織。3人兄弟の次男で、4歳上の兄と2歳下の弟がいる。病弱な母方の祖母を病から救いたく、幼少期は医師を夢見た。
    18キロバイト (2,428 語) - 2022年6月4日 (土) 10:29
    理由って何なんだろうな・・・・

    1 首都圏の虎 ★ :2022/06/04(土) 14:11:36.38

    俳優の篠山輝信と、妻で元NHKの雨宮萌果アナウンサーが離婚したことが4日に分かった。同日に雨宮アナが自身のブログで発表した。

     「この場で大切なことをお伝えさせていただきます。実は私、少し前に独身に戻りました」と報告。続けて「篠山輝信さんと過ごした時間はとても楽しく有意義な時間でしたが、話し合いの末、お互いの人生を尊重しそれぞれの道を歩むことにいたしました」と説明した。

     離婚を決断したが「輝信さんのご家族の皆様にも大変可愛がっていただき、感謝の気持ちでいっぱいです」と相手を思いやり、「これからは自分自身の人生の新たな扉を開き、次に進んでいこうと思います。今後も、輝信さん、そして私を温かく見守っていただけましたら幸いです」とつづった。

     2人は2019年1月に結婚。篠山はNHK情報番組「あさイチ」にレギュラー出演し、雨宮アナも同番組にリポーターとして出演していたことから“あさイチ婚”と話題になったが、わずか3年で幕を閉じた。

     篠山は、写真家・篠山紀信氏と元歌手・南沙織さん夫妻の次男で、ドラマや映画、舞台などで活躍。一方の雨宮アナは、11年にNHK入局し、19年3月に退職。現在はフリーアナウンサーとして活動し、フジテレビ系「ウワサのお客さま」のレギュラーなどを務めている。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/02e21236087f90f16b6d50a131ba31c73634cb0e


    【【衝撃】雨宮萌果アナ マジかよ…ついに決断してしまう・・・!!!!!】の続きを読む


    柄本 時生(えもと ときお、1989年10月17日 - )は、日本の俳優。 東京都出身。ノックアウト所属。元妻は女優の入来茉里。 1989年、俳優の柄本明と女優の角替和枝の次男として生まれ、下北沢で育つ。3人兄弟の末っ子で、俳優の柄本佑は実兄で、映画関係の仕事をする姉がいる。2003年、佑が受けら
    38キロバイト (5,125 語) - 2022年6月1日 (水) 09:31
    2年間で?早すぎな感じ・・・・・

    1 ひかり ★ :2022/06/01(水) 20:46:11.59

     女優の入来茉里(32)が1日、自身のインスタグラムを更新し、2020年2月に結婚した俳優・柄本時生(32)と離婚したことを報告した。

     「#ご報告」と切り出し、「友達12年、夫婦2年間。そして、友達13年目が再スタートしました」と、友人関係に戻ったことを明かした。

     柄本の所属事務所「ノックアウト」は、スポーツ報知の取材に「離婚は事実です」と認め、具体的な離婚理由や成立時期については「プライベートは本人に任せている」と話すにとどめた。入来の所属事務所は「離婚は事実です」と認めた。

     2人は2008年にドラマ「私は一本の木に恋をした」で共演し、12年間、役者仲間として友人関係にあったが、20年に柄本から入来にプロポーズ。結婚発表時、入来は結婚の決め手について「とても頼りになる 素敵(すてき)な人だと日々感じています」とブログでつづっていた。

     柄本は俳優・柄本明の次男で、兄・佑も俳優として活躍している。
    報知新聞社

    https://news.yahoo.co.jp/articles/13838db8e31619cc912a5288b2e04b6306662434

    (出典 hochi.news)


    【【驚愕】入来茉里さん マジかよ…突然すぎる衝撃発表・・・!!!!!!!】の続きを読む


    いしだ 壱成いしだ いっせい、1974年(昭和49年)12月7日 - )は、日本の俳優、ミュージシャン。本名:星川 一星(ほしかわ いっせい、旧姓:石田)。 1974年12月7日、東京都出身。実父・石田純一は星川まりと学生結婚し、石田純一が20歳の時に壱成
    30キロバイト (4,041 語) - 2022年5月13日 (金) 02:39
    人生は甘くない・・・・

    1 牛丼 ★ :2022/05/11(水) 15:15:04.37

     1990年代のドラマ界でカリスマ的な人気を博したいしだ壱成。「ひとつ屋根の下」や「未成年」での演技は高く評価され、“若手実力派俳優”として脚光を浴びることになった。だが、2000年代に入ってからは大麻所持による逮捕や、3度の結婚、離婚を経験と“お騒がせ男”のイメージがすっかり定着してしまった。

     47歳となった今、どのような生活を送っているのか。俳優としての再起へ準備を進めているいしだに話を聞いた。(取材・文=角野敬介)

    ――まず今の生活拠点、仕事の環境など聞かせてください。

    「今は住むところを探しています。また東京を拠点に、活動していけたらなと思ってます。現状は関西、東海とか、お仕事があれば動ける体制にと、声がかかればあっちこっち動いているという状況です。こちらから企画を出したりすることもありますし、頭を下げて、イベントの仕事をもらったりとか。ホテルを転々としています」

    ――改めてこの東京から再出発ということですね。

    「やっぱり日本のエンタメの中心は東京。もう一度頑張っていくってこれ結構大変なことだと思うんですけど……。もちろん大変なことだとは思うんですけど、自分の中では、それはもうゼロからのスタートのつもりです」

    ――3度の結婚、離婚など、これまで波瀾万丈の人生を送ってこられたと思います。改めて過去の自分に何か伝えたいことはありますか?

    「人生甘くないよってことですよね。実際これからが大変だよっていう。デビューしてすぐにテレビに出させてもらって、いわゆる下積みのようなものがあまり無い状態でした。僕は今が下積みだと思っています。(今は)黙ってても仕事がくるような状況ではないので、そこは自分で取りに行ってっていうことを繰り返していますね」

    ――今後、俳優として復活したいという思いが強いのでしょうか?

    「そうですね。やっぱりそこ(俳優)への熱いものはあります。何ができるんだろうって地方に行ったときに思って、あまりにも仕事が決まらなかった。何ができるんだろうといったときに考えたのはやっぱり俳優でした。3度目の別れた妻からは、『やっぱり、もう1回、俳優としてやって欲しい』って言う言葉もあって……。そうなのか、っていうと変ですけど、改めて自己認識しました。妻以外にも皆さんそういってくださる。もう自分には俳優しかないと」

    「変わってはないですね、泥臭さで言うと。俳優は泥臭いものだと思ってまして」

    ――泥臭さとは?

    「例えば楽じゃないっていうところで言うと、すごい寒い中で薄い衣装着て、ずっと演じたりとか、逆に暑い中で暑い衣装着こんで演じたりとか、そういう身体的なところで楽ではないです。あと10時間以上も拘束されたり、スケジュールもあってないようなもんですし、そういうところも含めてすごく泥くさいなと思うんですよ。(俳優って)スマートに見えるかもしれないんですけど、僕はそういうふうに思うタイプで、華やかな部分以外の方が大きいんじゃないかっていう気がします」

    「もちろん。海外にもチャンスがあればと思っています。海外の芸能界は今、すごくいい状態にあるみたいなので、そこはちょっと、ビジネスは向いてないって言われるんですけど、ビジネスチャンスとして……もちろん俳優としてですけど、行ってみたいなと思っています」
    https://news.yahoo.co.jp/articles/981d71f8ea270e922d571622f18a8d3e31be09b0


    【【唖然】いしだ壱成 今さら気づく・・・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ