おもしろがり速報

芸能ニュースや旬なニュースをまとめてお届けします。
芸能人、有名人、アイドルの噂やスキャンダルなど
おもしろネタや記事を配信します。

    タグ:離婚


    peco(ぺこ、本名:奥平 哲子、1995年6月30日 - )は、日本の女性ファッションモデル。比嘉企画所属。モデル時代はオクヒラテツコとして活動していた。2021年11月にpecoに改名するまで、メディアなど主には愛称のぺこ名義で活動していた。 元夫は読者モデル、タレントのryuchell。現在…
    16キロバイト (2,020 語) - 2022年8月31日 (水) 00:15
    何か変わった~

    1 muffin ★ :2022/10/01(土) 17:47:27.82ID:CAP_USER9
    https://taishu.jp/articles/-/104562?page=1
    2022.09.29

    タレントのryuchell(りゅうちぇる・26)と離婚し、“新しい形の家族”としてスタートすることを報告した元妻でモデルのpeco(ぺこ・27)が29日にインスタグラムを更新。美容院でのヘアカラー後のショットを公開した。

    この日、pecoは「カラーしてもらって、プリンじゃなくなってきれいな色になって幸せ!行かせてもらうたびに思う、美容師さんってすてきなお仕事。。。(どうしても前歯出てしまう)」とつづり、ハイトーンのふわふわロングヘアの近影を公開した。

    pecoの近影に、ファンからは「なんか、可愛さ倍増 髪色だけじゃなく、雰囲気変わりましたね」「ぺこちゃん可愛い!ママなのにいつまでも少女って感じでほんとに大好き」とポジティブなコメントが寄せられている一方、「そりゃやつれるよなぁ」「ぺこりんかなりやせてない?すんごい可愛いけど、心配が勝つよ~」「ぺこりん痩せた気がします。無理しないでね」「ぺこりん可愛いけど…痩せた?大丈夫かなー」と心配の声もあがっている。


    (出典 i.imgur.com)

    https://www.instagram.com/pecotecooo/

    【【驚愕】ぺこりん 衝撃的な変貌!!!これはあまりにも・・・・・】の続きを読む


    石橋 貴明(いしばし たかあき、1961年(昭和36年)10月22日 - )は、日本のお笑いタレント。1980年に木梨憲武とお笑いコンビ「とんねるず」を結成し、歌手、俳優としても活動。アライバル所属、兼同社代表取締役社長。 趣味: 野球・ゴルフ・映画鑑賞・酒・料理・競馬…
    46キロバイト (5,925 語) - 2022年10月24日 (月) 09:11
    どんな5人なんだろう?

    1 フォーエバー ★ :2022/10/28(金) 17:11:51.71ID:ntfb4Ple9
    [ 2022年10月28日 16:26 ]

    Photo By スポニチ
     お笑いコンビ「とんねるず」の石橋貴明(61)が27日、自身のYouTubeチャンネルを更新し“3度目の”結婚オーディションに臨んだ。
     「急に麻布十番に呼ばれたんですけど…」と困惑する石橋だったが、カンニング竹山が「長らくかわいがってもらってまして。プレゼントというのはあれですけど、貴明さんに幸せになってほしいんですよ」と熱弁する。

     石橋は「この間も、LINEでやり取りしてね。“ゆっくり奥さんとハワイ楽しんでね。いいなぁ、竹山くんには愛する奥さんがいて。俺には何にもない…”って送ったんだよ。あと、ゴルゴ(松本)にも連絡したら“今、かみさんと飯食ってます”って言われてさ。愛妻家2人に家庭の素晴らしさを見せつけられました」といい、テロップでも「とにかく寂しい独り身の貴ちゃん」と表示されていた。

     竹山は「語弊もありますが“三度目の正直”をですね、もう一回結婚してほしいと思ってるんですよ」と、開催に至った経緯を説明。石橋は「一度目で幸せになりたかったんですけど、ダメで。二度目で幸せになるつもりだったんですけど、ダメで…」と本音をポロリ。ゴルゴが「過去とは『過ち』がすぎ『去る』と書きますから」と慰めるも、石橋は「俺の人生は約40年過ちだったの?」と問いかけて笑わせた。今回は5人の女性が参加するという。

     石橋は98年に女優・鈴木保奈美との再婚を発表したが、昨年7月に離婚したことを報告している。

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/10/28/kiji/20221028s00041000400000c.html

    【【唖然】石橋貴明 この“三度目の正直”にもう大興奮しかない・・・wwwwwww】の続きを読む


    Ryuchell (りゅちぇるからのリダイレクト)
    ryuchell(りゅちぇる、本名:比嘉 龍二(ひが りゅうじ)1995年〈平成7年〉9月29日 - )は、日本の男性読者モデル、タレント、歌手、実業家。沖縄県沖縄市出身。比嘉企画所属タレント兼代表取締役。 元妻はタレントのpeco。現在は事実婚状態(事務所によると人生のパートナーであり事実婚ではない)にある。…
    31キロバイト (4,474 語) - 2022年10月22日 (土) 09:03
    気持ちがよくわからない・・

    1 フォーエバー ★ :2022/10/23(日) 14:41:47.82ID:/zqN4Eqd9
    10/23(日) 12:08配信

    スポニチアネックス
    タレントのryuchell

     タレントのryuchell(りゅうちぇる=27)が23日、TBS「サンデー・ジャポン」(日曜前9・54)に生出演。モデルでタレントのpeco(ぺこ=27)との離婚公表時の心境などを語った。

    【写真】まつエク復活の目元に「可愛すぎる」「綺麗ー」の声

     今年8月、法的な夫婦関係を解消し、今後は「人生のパートナー」として暮らしていくことを、それぞれのインスタグラムで報告。所属事務所によると、2人は離婚届を提出。これまで通り2018年に誕生した長男と3人で家族として暮らしていくとしていた。

     発表後の生活の変化について「夫婦という形ではなくなったんですけど、何も変わらずに和気あいあいと一緒に住んで子供を育てています」と生活自体に大きな変化はなく、穏やかに3人暮らしをしている様子。

     離婚を公表した際のインスタグラムで、「“本当の自分”と、“本当の自分を隠すryuchell”との間に、少しずつ溝ができてしまいました」と胸中を告白。話し合いの結果「これからは“夫”と“妻”ではなく、人生のパートナー、そしてかけがえのない息子の親として、家族で人生を過ごしていこうね。という形になりました。もちろん、今まで通り家族で暮らします」としたことが大きな話題となった。

     スタジオでryuchellは、「新しい家族」としたきっかけについて「すべてを言うべきなのかどうかというところで一番実は迷ってて、悩んでいて。子供のために言わんでいいこともあるんじゃないかと思ったこともあった。あることないこと、こういうふうに人前に出させていただくお仕事をしているからこそ、記事とかになる時もあるかもしれないから自分たちの口からしっかり言おうと思っていて。話し合って文章決めて発表させてもらったという感じです」と述べた。

     2人で文面を考えた時のことを「長い時間かけて、一つ一つの言葉をつむぎながら、ああじゃないこうじゃないと。時にはウワーって泣きそうになりながら、笑いあって」と回想。

     発表後は「上から水も落ちてくるみたいに、愛も上から落ちてくるんだなと。自分たちがハッピーになって、息子の笑顔を守るというか。それを守るために、勇気を振り絞ってした選択ではあったので。ちゃんと自分らしく輝きながら、居場所を余裕をもって守れるっていうのはよかったんじゃないかと思います」と述べた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/7d90b94977931912b0196849041613f828efea85


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?pri=l

    【【注目】ryuchell  ん~いろいろ悩んだんだろな~・・・wwwwwww】の続きを読む


    image layout frameless
    井戸田 (いとだ じゅん、1972年〈昭和47年〉12月13日 - )は、日本のお笑いタレント。お笑いコンビ・スピードワゴンのツッコミ担当。相方は小沢一敬。ハンバーグ師匠名義でピン芸人やYouTuberとしても活動している。 愛知県小牧市出身。愛知県立小牧工業高等学校(現:愛知県立小牧工科高等学…
    39キロバイト (4,657 語) - 2022年10月3日 (月) 14:08
    あと2年でいいんじゃね?

    1 冬月記者 ★ :2022/10/10(月) 01:19:42.14ID:CAP_USER9
    https://news.yahoo.co.jp/articles/470461f73977f5897c0345d696909944bb8d5951

    井戸田潤、養育費はいつまで払う? 成人年齢引き下げで素朴な疑問「金だいぶ変わりますよ」 


     スピードワゴンの井戸田潤(50)が8日深夜放送のMBSラジオ「オレたちゴチャ・まぜっ!~集まれヤンヤン~」(土曜深夜1・30)に出演。成人年齢の18歳引き下げで浮かんだ疑問について語った。

     成人年齢が18歳に引き下げられたことを知った井戸田。この日、離婚した安達祐実との間に生まれた16歳の娘と学校見学に行ったことに触れ、養育費に関する取り決めについての疑問がうかんだそう。

     「養育費を“成人まで”払うという契約なんですよ。どうしましょうね?(払うのはあと2年でいいのでは)というのが頭をよぎっちゃったんですよ。この2年でだいぶ金変わりますよ」と発言し、スタジオは騒然となる。

     共演したよゐこの有野晋哉はすかさず「潤さん払ってやってください。我々からのお願いです」と反応。井戸田は「もちろん払いますよ」としつつも、養育費への素朴な疑問を口にした。また、トークの最後に法務省の見解が示されると「良くないこと言い出しかけてるな」と反省した様子だった。

    【【注目】井戸田潤 ん~!!あと2年でいいんかなあ・・・wwwwwww】の続きを読む


    東出 昌大(ひがしで まさひろ、1988年〈昭和63年〉2月1日 -)は、日本の俳優、ファッションモデル、猟師。 埼玉県出身。ギグマネジメントジャパン、ユマニテを経て、現在はフリー。 高校時代に第19回メンズノンノ専属モデルオーディションでグランプリを獲得しデビュー。高校卒業後は大学進学するも中退…
    47キロバイト (6,356 語) - 2022年9月27日 (火) 05:07
    凄い生活やなあ・・・

    1 jinjin ★ :2022/09/27(火) 14:20:38.99ID:CAP_USER9
    東出昌大が語った離婚後の生活、家賃ゼロ・携帯電話は圏外・汲み取り式トイレ「自給自足の全貌」


    「山での暮らしを始めて、かれこれ半年ですね」と、発売中の『週刊文春CINEMA!』で現在の生活を語った東出昌大。彼が住むといわれている山小屋へ実際に行ってみると「臆測で書かれたくない」と本人が取材に対応してくれた。

    清らかな水が流れる関東近郊の山あい。9月下旬、斜面に立つ山小屋から1人の男性が現れた。
    ラフなファッションながら、8頭身のスタイルでスターのオーラが漏れ出ている。

    「今年の春頃から東出昌大さんをよく見かけるようになりましたね。もともと狩猟をするためにこのあたりにはよく来ていたそうですが、本格的に狩猟をしようと引っ越してきたみたいです。こちらにいるときは、山小屋のオーナーの男性と一緒に活動されていることが多いですよ」(町の住民)


    発売中の『週刊文春CINEMA!』では、山での生活についてインタビューに答えている東出。

    《狩猟と出会ったのは、千松信也さんの『ぼくは猟師になった』という本を読んだのがきっかけです》と、狩猟に興味を持ったきっかけを明かしていた。


    週刊女性記者が訪れる数日前まで、彼は新作映画の撮影を行っていたようで、

    「ドキュメンタリー作家の森達也氏が初めて手がける劇映画『福田村事件(仮)』に出演するため、1か月近く関西方面で撮影を行っていました。また、年末から来年にかけて主演映画2作品の公開も決まっています」(スポーツ紙記者)


    山菜を収穫して、薪割りをする生活

    この日は中古の乗用車に乗って1人で現れた東出。しばらくすると、長靴に履き替えて畑のほうへ。どうやら夕食の食材を選んでいるようだ。 山菜を収穫し終えると、すぐさま斧を持って庭に移動。慣れた手つきで薪割りを行うと、山小屋に戻っていった。

    「東出さんが住んでいる小屋にはお風呂がないようで、小屋にいるときは毎日のように近くの温泉に来ています。いろいろな作業をされているようで、いつも手は真っ黒ですね。常連は高齢の方が多いので、俳優の東出さんだと気づいている方は少ないと思います。芸能人とは思えないほど気さくで、すっかりこの町に溶け込んでいますよ」(温泉施設の常連客)


    夜になると荷物を持った東出が小屋から出てきた。
    車を走らせて到着したのは、やはり近所の温泉施設。現在の生活について話を聞くため、車から出てきたところを直撃すると─。

    「臆測で事実と違うことを書かれるのはイヤなので、きちんと自分からお話ししたい」と翌日、週刊女性記者を改めて山小屋に招いてくれた。


    ─ここで生活しようと思った理由は?

    「去年、狩猟の下見でこのあたりに来たときに車がパンクしてしまって。そのときにたまたま通りかかって助けてくれた方に事情を話したところ、空いていたこの場所を貸していただけることになったんです。ありがたいことにタダで貸してもらっています」


    ─かなり古い小屋のように見えますが、住みにくい部分も多いのでは? 

    「ここは携帯電話の電波もつながりません。トイレも汲み取り式ですし、電気は通っていますが、ガスと水道も通っていませんからね。布団もないので寝るときは寝袋を使うなど、確かに不便な部分もあります。ただ、役者でいるときは常に緊張の連続なので、ロケ弁も味がしないくらい追い込まれている状態のことも多い。でもここに来ると、食べ物もひとつひとつ美味しさを感じながら食べることができるので、僕にとってはここでの生活のほうが居心地がいいんです」


    ─主に狩猟で生活されているんですよね?

    「僕がやっているのは“単独忍び”という1人で狩りをするスタイル。仕留めた獣は自らさばき、余った部分は食肉加工工場へ持っていって、ソーセージにしています。あとは近くで採れた山菜や、近所の方にいただいた野菜などを食べて生活しているので、食費も0円に近いですね」


    現在住む山小屋の隣に目を向けると、建設中と思われる小屋が。

    「将来的にはそっちの小屋に住もうと思って、1人で作っているところなんです」と、笑顔で答えてくれた。

    地域の猟友会メンバーや近隣住民からは“でっくん”と呼ばれているそうで、地元の人たちにも好意的に迎えられているようだ。


    全文
    https://news.yahoo.co.jp/articles/2d310fb3a25ae8d05ed73fdc00b5c2c1b340022c

    (出典 i.imgur.com)



    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1664232611/

    【【驚愕】東出昌大 衝撃生活!!!これはワイルドだなあ・・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ