おもしろがり速報

芸能ニュースや旬なニュースをまとめてお届けします。
芸能人、有名人、アイドルの噂やスキャンダルなど
おもしろネタや記事を配信します。

    タグ:佐々木朗希


    佐々木 (ささき のぞみ、1988年〈昭和63年〉2月8日 - )は、日本の女優、ファッションモデル。旧姓同じ。本名は渡部 (わたべ のぞみ)。 秋田県秋田市出身。トップコート所属。夫はアンジャッシュの渡部建。 2005年、秋田フォーラス(現:秋田オーパ)に出店していたショップ「流行屋」の店員と…
    58キロバイト (7,241 語) - 2023年1月23日 (月) 19:33
    背が高いんや・・・

    1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2023/01/23(月) 13:40:52.67ID:DFat4+2C9
    1/23(月) 10:39配信 スポニチアネックス

     女優の佐々木希(34)が23日、自身のインスタグラムを更新。プロ野球ロッテの佐々木朗希投手(21)との2ショットを公開した。

     同日午後9時から日本テレビ系で放送する「しゃべくり007」の収録で共演した2人。佐々木希は2ショット写真をアップし、「佐々木朗希さんとしゃべくり007にてお会いできました まさか名前を出していただけるだなんて思ってもいなかったので、とても嬉しかったです」と共演を喜んだ。

     芸能界と球界を代表する“佐々木”姓の最強2ショットにフォロワーからは「名前も一文字違いですね」「名前似てるなと思ってました」「秋田と岩手バンザイ」「いつか見てみたかった共演がこんなに早く見れるとは」「美男美女!共演待ってました」と反響が。身長1メートル68と1メートル90のスタイルも際立つ2人に「顔小さい!」と驚く投稿も見られた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/f4c46f6a0f611a70abfd9c6c21879ea6ce567c41

    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    【【必見】佐々木希 おおおお!!!!ガチで最強な2ショット・・・!!!!!!】の続きを読む


    松本 人志(まつもと ひとし、1963年〈昭和38年〉9月8日 - )は、日本のお笑いタレント、漫才師、司会者、映画監督、作家、コメンテーター。兵庫県尼崎市出身。お笑いコンビ・ダウンタウンのボケ、ネタ作り担当。相方は浜田雅功。愛称は松っちゃん(まっちゃん)。妻は元タレントの伊原凛。吉本興業東京本部所属。(ペンや箸を持つ時は)左利き。
    58キロバイト (7,508 語) - 2022年4月21日 (木) 15:22
    冷静には見えんかったな・・・・・

    1 jinjin ★ :2022/05/01(日) 11:51:25.31

    松本人志、白井球審の行動に理解示した元審判員の解説に疑問「冷静には見えなかった」


    「ダウンタウン」の松本人志が1日、コメンテーターを務めるフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜・午前10時)に出演した。

    番組では、24日のオリックス―ロッテ戦(京セラドーム)で球審を務めた白井一行審判員がロッテ・佐々木朗希投手に詰め寄ったことを報じた。


    スタジオには元プロ野球審判の山崎夏生さんが出演。

    山崎さんは白井審判の行動に「ルールに則っているんです」とした上で公認野球規則を取りだし「審判の裁定(8.02)」に「審判の判断に基づく最低は最終のものであるから、プレーヤー、監督、コーチまたは控えのプレーヤーが、その裁定に対して異議を唱えることは許されない」と明記されていることを説明した。


    さらに同項の「原注」に「宣告に異議を唱えるために本塁に向かってスタートすれば、警告が発せられる。警告にもかかわらず本塁に近づけば試合から除かれる」と書かれていることも説明した。その上で山崎さんは「これを知らない選手が多いんじゃないかと思いました」と指摘した。


    この解説に松本は「でも、すみません、あの審判の方はそのルールの下に従ってあの行動をしたんですかね?僕は一瞬の怒りが…」と疑問を投げかけると山崎さんは「そんなことありません。審判はもっともっと冷静ですよ」と応じた。

    これに松本は「僕にはちょっと冷静にはあまり見えなかった」と印象を明かしていた。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/6c2a04f3fed0f09424a128ebcfdd13c36b94e552


    【【注目】松本人志 ついにブッチャケ…一瞬の怒りが・・・・・】の続きを読む


    古市 憲寿(ふるいち のりとし、1985年1月14日 - )は、社会学者、作家。東京都出身。 東京都墨田区生まれ、6歳で埼玉県川口市に引越した。 埼玉県立越谷北高等学校卒業。 2003年、慶應義塾大学環境情報学部にAO入試で入学。 2005年、ノルウェーのオスロ大学に交換留学(- 2006年)。
    25キロバイト (3,205 語) - 2022年4月2日 (土) 09:08
    ホントに興味ないのかな?・・・

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/04/17(日) 19:25:56.18

    4/17(日) 19:10
    東スポWeb

    古市憲寿氏は佐々木朗希2試合連続〝偉業〟にキョトン「試合には負けたんですよね?」

     社会学者の古市憲寿氏が17日、日本テレビ系「真相報道 バンキシャ!」にリモート出演。ロッテ・佐々木朗希投手の2試合連続の〝偉業〟に無関心を装った。

     佐々木朗は17日の日本ハム戦(ZOZOマリン)に先発登板。8回まで一人の走者も出さず、2試合連続完全試合まで「あと1回」としながら、102球で降板。試合は、3番手の西野が延長10回、万波のソロを浴び0―1で敗れた。

     このニュースについてまずコメントを求められた、クイズプレーヤー・伊沢拓司氏は「いやあ、すごかったですね。8回も三者三振だったんですけど、そこであえて下げたというのが、やはり佐々木選手が日本球界の至宝であるということを改めて示してると思いますね。未来に向けての素晴らしい決断だと思いました」と興奮気味に語った。

     これを無表情で聞いていた古市氏は、MCの桝太一氏から「古市さん、反応してらっしゃいますか?」と話を振られると、「え、なんか試合には負けたんですよね? でもなのに、みんなこんなに喜んでるのなんでなんですか?」とキョトン。

     これに枡氏は爆笑。伊沢氏が「ほんとに過去にないことなのであれですけど、ノーベル文学賞日本人が取って、翌年平和賞取っちゃうぐらいの…いやなのか分からないですけど。難しい」となんとかその〝凄さ〟を例えた。

     これを聞いた古市氏は「だから何年かに一度の逸材ってことですか」と告げると、枡氏は「何年かじゃないです。何十年です」と〝訂正〟していた。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/1540f61ffb20f9b541d7a8d5b9c0dd74d8018d5b


    【【唖然】古市憲寿氏 知らないアピールしまくり・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ