おもしろがり速報

芸能ニュースや旬なニュースをまとめてお届けします。
芸能人、有名人、アイドルの噂やスキャンダルなど
おもしろネタや記事を配信します。

    タグ:タレント


    佐藤 かよ(さとう かよ、1988年12月26日 - )は、日本のファッションモデル、タレントである。エイジアプロモーション所属。 愛知県名古屋市名東区に男性として出生 する。小学校入学時に、ランドセルの色の違いや席順で自分の性に違和感を自覚し、小学3年生の時に着替えが男女別に行われるようになると、
    17キロバイト (2,092 語) - 2022年1月22日 (土) 14:56
    またさらに美人になってるなぁ・・・「マイルール」スッキリした気持ちになりそう・・・。

    1 muffin ★ :2022/03/18(金) 19:28:37.73

    https://coconutsjapan.com/entertainment/post-78120/78120/

    3月17日、タレントの佐藤かよさんのYouTubeチャンネル「Kayo Kayo 佐藤かよ」では、Instagramのフォロワーから届いた恋愛相談に応じる動画を公開。佐藤さんの体験に基づくアドバイスが注目を集めています。

    相談者は、佐藤さんと同じく元男性で、現在は女性として生活しているトランスジェンダー。恋愛では、元男性であることを知られるのが怖くいつも片思い。恋愛に臆病にならずアタックできるかという質問をしてきました。佐藤さんはまず自身のこれまでの経験から語り始めます。

    昔から、仲間外れにされたり変な目で見られたりしたという佐藤さん。「普通にしているだけで人に嫌われてしまうっていう恐怖感っていうのはあった」と辛い経験を語ります。しかし、海外へ行くなどして多くの人と会う中で「出会いとかそういう経験が自分を強くしてくれた」と打ち明けました。

    それから、佐藤さんは自分なりにルールを決めるようになったそう。そのルールとは、トランスジェンダーである自分の話をして「拒絶されたらもう終わり。次って行こうと思ってた」というもの。トランスジェンダーであることを告白した途端、一切連絡が来なくなった人もいたそうです。

    しかし「でもそういうのを見るとさ、私は分かりやすくていいなと思ったの」と佐藤さん。「最初のうちはやっぱり傷付いちゃった時もあったりした」そうですが「そういうことが度重なっていって自分が強くなったんですよ」と、前向きにとらえていったと言います。
    そして「最初は理解しあえなかったけども、お互い会話していくうちに互いのことを知っていって、みたいなパターンもあるからさ」と、カミングアウトを重ねたことによる効果を語りました。
    中略
    「だからと言ってカミングアウトするのがいいよって話ではないんだけどね」と前置きしつつ「言ったことによってさらに深くなっていった人間関係があったから、そこで終わってしまう人間関係を大事にするんじゃなくて、そういうきっかけでもっと深まってく人間関係をこれからはもっと大事にしていこうと思えた」と、カミングアウトのポジティブな効果を語り、相談者の背中を押しました。

    全文はソースをご覧ください


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    【【必見】佐藤かよ 最新の姿…全くの別人・・・】の続きを読む


    熊切 あさ美(くまきり あさみ、1980年6月9日 - )は、日本のタレント、グラビアアイドル。また、プロ雀士でもある。出生地は東京都杉並区、その後静岡県浜松市、愛知県名古屋市、千葉県船橋市などに居住。アーティストハウス・ピラミッド所属(2019年12月から)。 本名同じ。旧芸名、浅田 真子、くまきり
    30キロバイト (4,130 語) - 2021年12月23日 (木) 03:37
    41歳とはだれも思えない…まるで美少女。。。

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/03/15(火) 22:02:52.48

    3/15(火) 21:18配信
    デイリースポーツ

     タレント・熊切あさ美(41)が15日、インスタグラムを更新。屋外のベンチに寝転ぶリラックスした写真を投稿した。

     赤×黒チェックの半袖ワンピースを着てベンチに寝転び、右足を上げたポーズで笑顔を見せる写真を添え、「これから始まる嬉しいお仕事の1発目の取材 楽しみがたくさん」と投稿。「明日は三回目のワクチンだ」と新型コロナウイルスの3回目のワクチンを16日に接種することも伝えた。

     フォロワーからは「めっちゃ可愛い過ぎ」「セクシーで可愛すぎ」「可愛すぎて困る」「ベンチになりたい」「見惚れます」「めちゃくちゃ綺麗」など“奇跡の41歳”を絶賛する声が寄せられている。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/e266a5b55bd7089f82b8dd79c137308e44cd0aa7

    【写真】美少女かっ!ベンチで寝転ぶ奇跡の41歳

    (出典 i.daily.jp)


    【【驚愕】熊切あさ美 この年齢で…マジかよコレ・・・・】の続きを読む


    優香(ゆうか、1980年(昭和55年)6月27日 - )は、日本のタレント・女優。本名、青木 広子(あおき ひろこ[要出典]、旧姓:岡部)。 東京都立川市生まれ、武蔵村山市・あきる野市育ち。ホリプロ所属。夫は俳優の青木崇高。 7歳上の姉と5歳上の兄の3人姉兄の次女として生まれる。
    45キロバイト (5,851 語) - 2022年2月14日 (月) 19:08
    かかわった人全てトップ級に・・・やっぱりアゲマン。。。

    1 フォーエバー ★ :2022/03/13(日) 22:42:11.97

    「仕事ができてセンスがいい、ヒロインが想いを寄せる社長の元カノという、“大人の女性”を演じていますが、現場では事務所の後輩で主演の高畑充希らと和気藹々。相変わらず癒し系です」(ドラマ関係者)

    【画像】“格差婚”と言われた優香の夫・青木崇高

    ◆ ◆ ◆

    高校生でグラビアデビュー、瞬く間に人気者に
    『ムチャブリ!わたしが社長になるなんて』(日本テレビ系)が、6年ぶりの地上波連ドラ出演となった優香(41)。かつてのグラビアクイーンも、いまや一児の母。女優としても存在感を増しているが、ここに至るまでは紆余曲折があった。

     高校生でグラビアデビューすると、瞬く間に人気者となる。だがスキャンダルとも無縁ではなかった。

    「1999年に岡田准一と車内でイチャつく様子を、2002年には松本人志とのお泊り、04年に同じ事務所の妻夫木聡とのデートをいずれも『フライデー』に報じられた。既にカリスマだった松本は別として、岡田と妻夫木はその後、トップ級の俳優に。男を見る目は確かだった」(芸能記者)

    優香への“厚遇”
     03年には『王様のブランチ』(TBS系)の司会者にステップアップ。事務所の稼ぎ頭の一人となる。

    「事務所には当時“神7”と呼ばれる女性タレントがいました。深田恭子、綾瀬はるか、石原さとみらのほか、優香もその一人。彼女らはハイヤー会社から送迎車と運転手が手配されていました」(芸能プロ関係者)

     優香への“厚遇”はこれだけではない。

    「『ブランチ』には1週間のTBSの番組の瞬間最高視聴率を紹介するコーナーがあるのですが、その際に、画面の隅のワイプでスタジオの出演者の表情も映る。でも松本など優香の元カレが出てくるときは、彼女の表情は映さないという決まりがあった」(TBS社員)

    ブランチの司会を辞めた理由

    池袋でスカウトされた

     9年間司会を務めたが、12年に卒業。実は本人たっての希望だった。

    「優香が『辞める』と言ったそう。タレント業をこなすだけでは芸能界で生き残れないと考え、女優業を本格化させようと決断。それまでも演技の仕事はしたことがあったが、上手くできないというコンプレックスを抱えていた。彼女を可愛がっていた志村けんさんも、演技にはこだわりのある人でした」(同前)

     ドラマ・映画で主演を務め、14年には三谷幸喜の舞台『酒と涙とジキルとハイド』にも挑戦。舞台を見た志村はこう賛辞を送った。

    「脱帽。一緒にコントやってて良かった」

    青木崇高とは“格差婚”と言われたが…
     夫の青木崇高と出会ったのもドラマだった。交際半年で16年に結婚。当時、青木の知名度は高くなく“格差婚”と言われたが――。

    「細くて綺麗な顔をしたイケメンが多い中、ワイルド系の青木は他の俳優とキャラが被らない。今年の『鎌倉殿の13人』にも木曽義仲役で出演していますが、既に大河ドラマは4作目。やはり男性を見る目はあった」(前出・芸能記者)

     夫婦仲は今でも良好で、

    「行動的な青木が、インドア派の優香を頻繁に旅行に連れ出すなど、良い刺激を与えているそうです」(同前)

     癒し系から癒され系へ。

    3/13(日) 17:12配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/304bebf34f37251973947afaf7cfe02ec1a3010c

    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    【【意外】優香 “ブランチ”卒業…こういう理由か】の続きを読む


    One(2001年) ひなのがぴょんぴょん/篠山紀信(1996年) イルージョン吉川ひなの写真集/所幸則(1997年) ナチュラル吉川ひなの写真集(1997年) 1979年生まれ(1997年) ひなのひなの(1998年) ひなあそび(1998年) Accidents series8 吉川ひなの+篠山紀信(1999年)
    13キロバイト (1,553 語) - 2022年3月11日 (金) 12:38
    風邪はひき初めに葛根湯飲むとよくなるよ・・・・

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/03/11(金) 21:22:06.69

    3/11(金) 20:30
    デイリースポーツ

    3児のママ吉川ひなの 自分以外の家族が「風邪」に 「うちは基本的には薬は飲まない」
    吉川ひなの
     ハワイ在住で3児のママであるタレント・吉川ひなの(42)が10日、インスタグラムを更新。自身以外の家族全員が「風邪」にかわるがわる罹患していることを明かした。

     10日のインスタで「娘のクラスも息子のクラスも風邪が大流行していて、治ってはまたもらい合っている。。。それが、家庭内でも!(わたし以外) ただいま一番上の子が学校お休み中」と長女(9)が「風邪」で休んでいることを明かし、「夫と時間をやり繰りする日々」と伝えた。

     長女は娘は「風邪でも食欲がある」といい、この日は「自然塩だけで寝かせた酸っぱい梅干し」とすりごまをのせた玄米粥、パクチーであえたもやしのナムル、生姜をたっぷり入れたキャベツとまいたけのお味噌汁、手作りのきゅうりとミニトマトのぬか漬け、と超ヘルシーなお昼ご飯を用意したことを写真を添えて投稿した。

     また、フォロワーからの高熱でも解熱剤などを使わないか?との質問に「あまりにも痛過ぎる、とかの場合は対処療法(お薬)を考えると思いますが、うちは基本的には薬は飲まないです」と説明した。

     ひなのは2011年9月に一般男性と再婚。12年3月に第1子女児、18年2月に長男を出産。昨年6月には、自宅で次女を水中出産した。パパイヤなどフルーツや野菜を育て、鶏を飼い、その卵を食べる生活。自身を「85%」ヴィーガンとも表現している。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/004505360050927b46772dc19f371c4b5782b945


    【【衝撃】吉川ひなのさん とんでもない決断してしまう・・・】の続きを読む


    小林 礼奈(こばやし あやな、1992年2月18日 - )は、日本のタレント。TWIN PLANET ENTERTAINMENT所属(2020年4月まで)を経てフリー。元夫は流れ星☆のTAKIUE。以前は、時枝あやなとして活動。その後、久長あや那としてシャイニングウィルに所属していた。 新潟県出身。弟が2人いる(2歳下と13歳下)。
    16キロバイト (2,173 語) - 2022年3月6日 (日) 11:11
    いつも周りが悪いと思ってる人っているよねぇ・・・感じ悪っ。。。

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/03/10(木) 22:01:15.44

    3/10(木) 21:47
    デイリースポーツ
     
     タレント小林礼奈(30)が10日、ブログに投稿。5歳の娘と2人暮らしで、東京から故郷の新潟への移住意向を明かしており、この日は「新しい保育園の入園手続き中なう。。(娘がやっとYouTubeタイムに入ってくれたので作業ができる!)」と伝えた。

     「にしても、区と市が言ってることが違ってて何回も往復で電話してて大変 統一しといてくれ もー、移動するだけなら簡単なのに保育園出るのも入るのも区を出てるのも入るのも手続きめんどくさすぎっ!!」と、申請がスムーズにいかない状況を記した。

     「ひっさびさに母子手帳引っ張り出して来たよ 入園に、出生体重とかも書かなきゃいけないから」と明かし、「入園に、、出生体重関係あるのかよ ってね」と突っ込み。

     母子手帳の写真をアップし「エレナ先輩、新潟県民になって田舎に馴染んだときにふと、母子手帳が『目黒区』って超友達に自慢すんのかなwwwww」と記した。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/d2fb734426491681c2089d158cc46bf7c7ea7b51


    【【唖然】小林礼奈さん また文句…尽きないねぇ・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ