おもしろがり速報

芸能ニュースや旬なニュースをまとめてお届けします。
芸能人、有名人、アイドルの噂やスキャンダルなど
おもしろネタや記事を配信します。

    タグ:ジャニーズ


    中居 正広(なかい まさひろ・1972年〈昭和47年〉8月18日 - )は、日本の男性タレント・司会者・俳優・歌手。アイドルグループであるSMAPの元メンバー(1988年-2016年)。愛称は「中居くん」。2020年4月より芸能事務所である「のんびりなかい」の代表取締役社長を務めている。
    88キロバイト (11,411 語) - 2022年6月23日 (木) 07:20
    さすが中居君だなあ・・・・

    1 jinjin ★ :2022/06/26(日) 12:55:03.53
    中居正広、3月終了TBS『夜な夜なラブ子さん』に続く『金スマ』“連続打ち切り”はなんとか回避成功!
    “世帯視聴率5%切り&コア1%台”「爆死番組」の延命術は「スタッフ懐柔」と「ジャニーズへの貸し」


    元SMAPの中居正広(49)が正念場に立たされていると、このところ複数のメディアが立て続けに報じている。


    その大きな原因は『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)にある。2001年10月に『中居正広の金曜日のスマたちへ』のタイトルでスタートした『金スマ』は、中居にとって“一丁目一番地”とも言える番組だ。
    しかし、ここ最近は視聴率がまったく振るっていない。


    かつて『金スマ』は20%近い世帯視聴率を取る超人気番組としてTBSの金曜ゴールデンに君臨していた。
    ところが、ここ最近は世帯視聴率6%台、テレビ各局が重視する13~49歳のコア視聴率は2%前半といった数字が続いている。


    5月6日の2時間SPも世帯4.8%(すべてビデオリサーチ調べ、関東地区)、コアは2.2%だった。同月20日のコア視聴率に至っては1.9%と2%を割り込む始末。

    「ゴールデンの番組としてはあまりに厳しい。数字的には、即打ち切りレベルの“爆死番組”と言ったところで、実際、秋にも終了するのではないかと言われていました。番組は23年目に入り、マンネリ化も指摘されています*。しかし、今秋の改編を乗り越え、継続が決まったそうです。中居さんの冠番組では『中居大輔と本田翼と夜な夜なラブ子さん』(TBS系)がこの3月に終了していますが、“連続打ち切り”は辛くも免れた格好です」(制作会社関係者)


    中居は現在、『金スマ』、『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ系)、『中居正広のキャスターな会』(テレビ朝日系)の3本のレギュラー番組を抱えている。

    「そのうちの2本、『金スマ』に加え『キャスターな会』も危ういのでは、と言われていましたが、両番組とも続くといいます。継続が決まった背景には、中居さんの世渡りの上手さがあると関係者の間ではもっぱらですね」(前同)


    以下、ソース
    https://taishu.jp/articles/-/102834?page=1

    【【朗報】中居正広 ついに成功…これはお見事だわ・・・wwwwwwwww】の続きを読む


    長瀬 智也(ながせ ともや、1978年〈昭和53年〉11月7日 - )は日本のミュージシャン、シンガーソングライター、俳優、タレント。神奈川県出身。かつてはジャニーズ事務所のバンド形態のアイドルグループ・『TOKIO』の最年少メンバーであり、同グループのギターとボーカルを担当していた。 長瀬
    34キロバイト (4,000 語) - 2022年6月2日 (木) 15:01
    音楽活動してるんだ・・・・・

    1 muffin ★ :2022/06/22(水) 14:25:12.28
    https://news.yahoo.co.jp/articles/4948038336a28f5ef7e5a8ada6e7786e52abc5d1
    6/22(水) 6:30配信

    表舞台での復帰が最も待ち望まれている1人が、2021年3月でジャニーズ事務所を退所した、元TOKIOの長瀬智也(43)だろう。

    長瀬の退所時に事務所はホームページで、「少年時代にジャニーから教えられた“人の個性を大切にする”という考え方のもと、長年培ってきたクリエイティビティーを生かし、他事務所に所属することなく、裏方としてゼロから新しい仕事の形を作りあげていくことになりました」と発表していた。

     現在、長瀬のインスタグラムにはバイク、釣りを楽しむほか、友人知人と交遊している様子がアップされているが、いまファンの間で話題になっているのが、路上に座り込みながらギターを弾く長瀬の写真だ。この写真は自身のインスタではなく、長瀬と一緒にギターを弾いている音楽プロデューサーの藤原ヒロシ氏のインスタに、「真夜中のギター」というコメントとともにあげられている。

    「80年代からDJとして活動している藤原さんは、90年代には音楽プロデューサーとして、藤井フミヤや小泉今日子を始め多くのミュージシャンの楽曲を手がけています。長瀬さんも幅広い交友関係のうちの一人です。

    音楽の一方でデザイナーとしても活動している藤原さんが雑誌でモノを紹介するとたちまち完売するなど、ファッション業界にも多大な影響力を持っています。かつて藤原さんが手がけたコラボ商品を求めて、多くの若者が裏原宿エリアで行列を作るなど社会現象を起こしています。近年はルイ・ヴィトンやナイキとのコラボ商品なども手がけていて、30代、40代のファッション好きの男性からの人気は絶大です」(メンズファッション誌編集者)

    藤原氏は音楽、ファッションだけでなく、映画、格闘技と幅広いジャンルに精通しており、長瀬とは長年の友人関係にあるとのこと。

    ジャニーズ事務所退所後、さまざまな趣味に興じている様子の長瀬だが、音楽熱は特に人一倍だという。

    藤原氏とのコラボ演奏の写真に、<長瀬くんですか?><智也と藤原さんのコラボ最高最強です><あー。音も聞きたい!>というコメントが寄せられた。

    近い将来、長瀬は多くのファンの前で演奏を聞かせてくれるのか。


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)

    【【注目】長瀬智也の現在 ええっっ…マジかよ・・・wwwwww】の続きを読む


    ジャニーはヘターズやエラーズなどと呼んでいたが、所属していたあおい輝彦が「ジャニーさんが監督なんだからジャニーズがいいんじゃない?」と提案し、他の子供たちもそれに賛同したためジャニーズと名付けられた。 ある日、雨で野球の練習が出来なかったため、ジャニー
    25キロバイト (3,454 語) - 2022年6月6日 (月) 09:55
    グループが多すぎるからかな?    

    1 首都圏の虎 ★ :2022/06/11(土) 10:47:32.96
     ジャニーズの中堅グループが、コンサート動員で苦戦しているという。Kis-My-Ft2(以下、キスマイ)は埼玉・大阪・名古屋・東京・福岡の5大ドームで全12公演を行うツアー「Kis-My-Ftに逢える de Show 2022 in DOME」を開催中。だが、6月3日~5日に行われた大阪公演は直前まで一般発売され、チケットぴあでは公演当日にチケットを受け取る「当日引換券」も販売されたが、完売できなかったようだ。

     これまで、ジャニーズの人気グループの公演では、FC会員向け発売分のみで完売してしまうこともよくあり、そうなれば一般発売は行われなかった。そしてチケット転売サイトで高額出品されたものまで争奪戦になるのが恒例だった。

    値崩れ&定価割れまで…
     それが当日引換券まで出でしまうのはなかなかの出来事だ。当然のことながら、転売サイトでは、FCチケット定価1枚8000円、一般チケット定価1枚8500円のところ、転売価格3000円台~7000円台と多くが定価割れを起こしていた。

    FCチケット定価1枚8000円が半額近くで転売

    愛知公演も同様に苦戦しており、チケットぴあ当日引換券の6月26日公演分は「1名券」「2名券」には完売の「×(空席なし)」印が付いているが、3名券は「〇(空席あり)」、4名券は「△(残りわずか)」と購入可能になっている(6月9日時点)。

     また27日は平日の月曜日にあたるためか全ての券種が「〇」となっている。まだ公演まで日数があるにも関わらず、転売サイトでもFCチケットで4000円台が多く出回っている。

    キスマイ以外の中堅グループも同様に…
     こうした状況はキスマイに限ったことではない。KAT-TUN、Sexy Zone、ジャニーズWESTそれぞれのアリーナ・ドーム公演でも定価8000円台のチケットが5000円~7000円台になるなど転売サイトで定価割れを起こしている。

     彼らの共通点を探して見ると、KAT-TUNが06年、キスマイとSexy Zoneが11年、ジャニーズWESTが14年と、00年代後半~10年代前半にそれぞれデビューしている。デビュー8年~16年の中堅組だ。

    全文はソースで
    https://kokuhaku.love/articles/17729

    【【驚愕】ジャニーズさん こりゃあとんでもないことになったなあ・・・・・wwwwwwww】の続きを読む


    増田 貴久(ますだ たかひさ、1986年〈昭和61年〉7月4日 - )は、日本の男性歌手、俳優、タレント。 男性アイドルグループ・NEWSのメンバー。東京都練馬区出身。愛称は「まっすー」。 自身の母親・姉・姉の友人がジャニーズ事務所に履歴書を送り、1998年11月8日、オーディションを受けて小学6
    37キロバイト (4,423 語) - 2022年5月24日 (火) 23:39
    これはいかんな・・・・・・

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/06/10(金) 21:15:24.90
    2022.06.10 11:03

    6月9日放送の『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の『グルメチキンレース ゴチになります!』で、出演者が女性に「ブス」と言い放ち話題になっている。

    VIPチャレンジャーとして、綾瀬はるかと長谷川博己がゲスト出演した。綾瀬が退席していたタイミングで、羽鳥慎一は2人が出演する映画『はい、泳げません』を紹介した。

    この映画にちなみ、池田エライザと高杉真宙が泳げないことを告白。池田はクロールで息継ぎするときに顔を水面に上げようとしても「まだ(顔が)水の中にいるので」と、呼吸ができなかったと振り返った。高杉も「人生で3回溺れてて…」と、いずれも浮き輪をつけていたものの危ない目に遭ったことを明かした。

    女性の息継ぎを「ブス」と酷評…

    ここで『NEWS』増田貴久は「でもなんか、小学校のときとかって…」と話題を変えた。両手で泳ぐ仕草を見せながら「結構好きな女の子が息継ぎ、むっちゃブスだったんですよ」と振り返ったが、周囲の反応はイマイチ。『千鳥』ノブのみ「うんうん」と反応した。

    周囲のリアクションが薄い中、増田は「なんか…がっかりしますよね」と話を締めたが、池田は「どうした? どうした?」とツッコミ。ノブは「最低な話や」と断罪。『ナインティナイン』矢部浩之も「最低や…」と漏らした。

    視聴者は小学校時代の話とはいえ、まさかジャニーズタレントが女性を「ブス」呼ばわりするとは思っていなかったようだ。一連の話を面白がりながらも、やはり「ブス」と言われるのはつらいと漏らしている。

    《水泳の息継ぎブスじゃない人なんている?www》
    《息継ぎめっちゃブスは失礼ww》
    《息継ぎむっちゃブスww まっすーひどい笑笑》
    《好きな子の息継ぎがめっちゃブスって話》
    《息継ぎめっちゃブスとか思われるのしんどい》
    《息継ぎブスは許したれよw》
    《まっすーがブスっていう言葉を使うことにも驚いたよ》


    ジャニーズタレントにとって異性のファンは宝物のはずだが、ブスと感じるとは驚きだ。

    https://myjitsu.jp/archives/358207

    【【衝撃】増田貴久 マジかよ…とんでもない事言ってしまう・・・!!!!!】の続きを読む


    風間 俊介(かざま しゅんすけ、1983年〈昭和58年〉6月17日 - )は、日本の俳優、タレント、声優、司会者。 東京都墨田区出身。ジャニーズ事務所所属。 テレビドラマが好きで、自身もテレビ番組に出演したいという思いがあり、家族の勧めで履歴書を送ってオーディションを受け、1997年、中学2年生の
    84キロバイト (10,723 語) - 2022年5月22日 (日) 13:32
    運がいい人なんだなあ・・・・・

    1 フォーエバー ★ :2022/05/22(日) 15:24:52.56

     俳優の風間俊介(38)が21日放送のTBS「人生最高レストラン」(土曜後11・30)にゲスト出演。ジャニーズ事務所に入所後、当時社長だったジャニー喜多川さん(2019年死去、享年87)から思わぬ“苦情”を受けたことを明かした。

     ジャニーズ事務所に所属しながらも、俳優として活躍してきた風間に対し、MCの加藤浩次は「役者になりたくてジャニーズに入ったの」と質問。風間は「テレビに出たかったですね、とにかく」と回答した。

     ジャニーズ事務所に入ったのは「知ってる事務所がそこしかなかった」とし、「その時に写真を送るんですよ。その写真が中華街でたまたま周富徳さんがいて、一緒に撮ってもらった写真があったんですね。“これが一番写りがいいな”って思って送ったんですけど」と説明した。

     すると入所後、ジャニーさんから「ユーさ、あの履歴書、周さんとの写真送ったでしょ。周さんのご家族かと思って入れたのに、お前全然違うじゃないかよ」との“苦情”があったとし、「俺は“たまたまうまく写ったと思ったのに”って言って。ラッキーですよ」と笑わせた。

    2022年5月22日 14時49分 スポニチアネックス
    https://news.livedoor.com/article/detail/22204484/


    【【唖然】風間俊介 完全に勘違いされてしまう・・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ