おもしろがり速報

芸能ニュースや旬なニュースをまとめてお届けします。
芸能人、有名人、アイドルの噂やスキャンダルなど
おもしろネタや記事を配信します。

    タグ:キンコン西野


    西野 亮廣(にしの あきひろ、1980年〈昭和55年〉7月3日 - )は、日本のお笑いタレント、絵本作家、著作家。漫才コンビ・キンコングのツッコミ担当。相方は梶原雄太。絵本作家としてのペンネームはにしの あきひろ。 1999年、梶原雄太とキンコング結成。吉本総合芸能学院 (NSC)…
    40キロバイト (5,315 語) - 2022年9月17日 (土) 01:03
    そんなことあったなあ・・・

    1 jinjin ★ :2022/09/20(火) 21:03:42.48ID:CAP_USER9
    キンコン西野「毎日400回は…」“プペル4大炎上”を回顧
    「本当に反省した方がいい」


    お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣(42)が27日に音声プラットフォーム「Voicy(ボイシー)」を更新し「毎日400回は『*』と言われた」という炎上の日々について回顧した。


    西野は「今なら全員が冷静に聞けて、正しいジャッジができると思う」という理由から、絵本「えんとつ町のプペル」であった“4大炎上”について振り返った。


    「分業制で作ることを表明したときに『一人で作れ!』と批判が」「製作費をクラウドファンディングで集めたら『自分の金でやれ!』と」「関わったスタッフの名前を全部出せ、と。『手柄を独り占めするな!』と」
    「絵本を無料公開したときの『無料公開するな!』」と、それぞれの“クレーム”に自身の考えを語った西野。また「毎日400回ぐらいは『*』と言われてました。もう凄まじいですよね」と苦笑する場面もあった。


    西野は「“クラウドファンディングをしたら、私もあんな感じで批判されるの?”それだったらやめておこう』となっている可能性もあるわけで。その人たちの選択肢を奪った罪は、本当に反省した方がいいと思う。ひねくれたり、すねたりせず、その反省をきちんと活かして。今後は自分が知らないものに対しては、ゴリラみたいに*を投げるんじゃなくて『知ろうとする』、『黙っておく』というのが良いと思います」と語っていた。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/7561f2785876de541d4d7e9b4c153841ec28039c

    【【驚愕】キンコン西野 驚きの告白!!!それは凄まじかったな・・・】の続きを読む


    西野 亮廣(にしの あきひろ、1980年〈昭和55年〉7月3日 - )は、日本のお笑いタレント、絵本作家、著作家。漫才コンビ・キンコングのツッコミ担当。相方は梶原雄太。絵本作家としてのペンネームはにしの あきひろ。 1999年、梶原雄太とキンコング結成。吉本総合芸能学院 (NSC)
    39キロバイト (5,204 語) - 2022年5月15日 (日) 07:49
    こんなことする人って、なんの得があるのかな・・・

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/05/15(日) 11:32:07.76

    5/15(日) 9:43
    スポニチアネックス

    キンコン西野が衝撃告白 身に覚えのない結婚寸前だった 「婚姻届を勝手に出されていた」

     お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣(41)が15日、音声プラットフォーム「Voicy(ボイシー)」を更新。身に覚えのないところで婚姻届を出されていたことを明らかにした。

     冒頭で「婚姻届を勝手に出されたんです」と衝撃の告白をした西野。「昨日(13日)の夜中、郵便受けを開けたら、数日前に届いていた区役所さんからの“婚姻届を受理できません”というお知らせがあって…。そもそも受理できませんも何も、結婚願望もなければ、もちろん婚姻届は出してないけど」と困惑しながら語った。そのうえでボイシーを収録した14日は丸一日、関係各所への対応に追われていたという。「戸籍課みたいなところに連絡して。今の今まで、超めんどくさいけど、区役所行っていたんですよ」と“激動の1日”だったことを明かした。

     身に覚えがないことでも、対応や連絡など様々な煩わしい作業に追われるといい「今回はたまたま、西野亮廣ってことを区役所の人が、キングコングの西野と気付いてくれて…」と区役所の適切な処理で事なきを得たことを感謝。それでも「そんなことはキングコング西野だったから気付いてくれただけであって、普通の人、結構スルーされて勝手に籍入れられるの、まあまああるんだって」と警鐘を鳴らした。

     「昨日の夜中から一睡もせずに弁護士さんとの対応とか…。勝手に籍入れるとか、偽造するってのは、むちゃくちゃ罪が重くて、罰金刑でなく、いきなり懲役なの」と話した西野。被害届は出さない方向であることは明かしたが「ただ今日1日は何も仕事にならなかった」と疲れ切った声色だった。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/ae8d74e693345d699b6975af0aee6cff9c90421d


    【【驚愕】キンコン西野 うわああ…こりゃ面倒だったな・・・・・】の続きを読む


    西野 亮廣(にしの あきひろ、1980年〈昭和55年〉7月3日 - )は、日本のお笑いタレント、絵本作家、著作家。漫才コンビ・キンコングのツッコミ担当。相方は梶原雄太。絵本作家としてのペンネームはにしの あきひろ。 名前の「亮廣」は、『三国志』の「諸葛亮(しょかつりょう)」から「亮」という字をとっ
    38キロバイト (5,043 語) - 2022年5月4日 (水) 04:56
    相当悔しかったんだろうな・・・・

    1 muffin ★ :2022/05/12(木) 20:40:46.97

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/05/12/kiji/20220512s00041000457000c.html
    2022年5月12日 15:20

    テレビプロデューサーの佐久間宣行氏(46)が11日、自身のYouTubeチャンネルを更新。お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣(41)がゲスト出演し“異常な叩かれ方”をした5年前について、当時抱えていた不満をぶちまけた。

    「こんな叩かれ方はしたくない」というテーマになると、西野は「“クラファンやってるの詐欺師じゃん”って言われると、そんなところから説明しないといけないのって思う」と本音を漏らす。佐久間氏が「オンラインサロンとか、もっと前で言うと絵本の無料公開とかな。今はほとんど無料公開してるのに」と相づちを打つと、西野は「そこなんですよ。“あなた方もどうせやることになるよ”っていう正論になるから、面白くもなんともないんですよ」と、大きくうなずいていた。

    佐久間氏が「YouTubeとかでも、メンバーシップでマネタイズしてね。どう無料で愛着を作ってもらうかっていうね、その先駆けだった」と評価すると、西野は「そうよ。むちゃくちゃ日本中から批判されたよ。あのとき、批判した人全員どこに行ったの?」と疑問を投げかける。佐久間氏が「“業界を潰す気か”とか言われてたけど(西野は)なにも潰さなかった」と笑うと、西野は「一回謝って。日本人全員が“ごめん”って言ってくれたら、無しにするから!」と吠えまくっていた。

    西野は17年1月に「お金の奴隷解放宣言。」として、絵本「えんとつ町のプペル」を全文無料公開に踏み切った。当時のブログでは「お小遣いなんて貰えない幼稚園児や小学生が、出費が重なってしまって手が出せない主婦が、何かの関係で本屋さんまで足を運ぶことができない人達が、『お金』の許可なんぞとらなくても、それぞれ自分達の意思で、『えんとつ町のプペル』を見れるようにします」と記し「『10万部売れるコト』よりも、『1億人が知っているコト』の方が遥かに価値があると考えます」と、思いを語っていた。

    ★1:2022/05/12(木) 15:26:58.56
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1652336818/


    【【驚愕】キンコン西野 ついにブッチャケ…吠えまくる・・・・・】の続きを読む


    西野 亮廣(にしの あきひろ、1980年〈昭和55年〉7月3日 - )は、日本のお笑いタレント、絵本作家、著作家。漫才コンビ・キンコングのツッコミ担当。相方は梶原雄太。絵本作家としてのペンネームはにしの あきひろ。 名前の「亮廣」は、『三国志』の「諸葛亮(しょかつりょう)」から「亮」という字をとっ
    38キロバイト (4,995 語) - 2022年2月27日 (日) 10:13
    他人のお金を目的外で使用・・・・・ダメなんじゃね。。。

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/03/15(火) 06:18:44.23

    3/15(火) 6:07
    SmartFLASH

    キンコン西野、4月予定のプペル美術館が建築中止になっていた!現場は更地のまま…6000万円支援者に謝罪し返金も

    直撃取材に応じる西野。淀みない話しぶりに、計画失敗の焦りは一切感じられなかった

     大阪府との県境に位置する兵庫県川西市。古くから大阪のベッドタウンとして人気があり、豊かな自然も残されたこの町の一角を歩くと、突如として妙に広い取り残されたかのような空き地が現われる。

    「この土地は、キングコングの西野亮廣さん(41)が、『えんとつ町のプペル美術館』を造るといって買い上げたものです。でも、工事が始まる気配はいっこうにありませんねえ……」(近隣住民)

     西野といえば、オンラインサロンや自身がプロデュースする絵本『えんとつ町のプペル』に関連するビジネスで大きく稼いだ、芸人YouTuberの成功例とされている。

    「西野さんはキングコングの活動が軌道に乗り始めた2005年ごろから、すでにお笑い以外にも活動の幅を広げていました。なかでも力を入れていたのが絵本の制作です。

     そして、絵本の売り上げを増やすための方法論や、広告収入の稼ぎ方など、独自のビジネス理論を発信してファンを獲得していきました。

     彼が運営するオンラインサロン『西野亮廣エンタメ研究所』は、最盛期で約7万人の会員を集め、会費は月額980円。

     これだけでも相当な収入ですが、それに加えて絵本『えんとつ町のプペル』は69万部のベストセラーに。さらに、同作が映画化されると、観客動員170万人を記録するなど、その成功ぶりは生半可なものではありません」(芸能記者)

     西野が冒頭の川西市の土地を『プペル美術館』建設のために買い上げたのは、2018年から2019年にかけて。土地の総面積は355坪にも及ぶ。

    「西野さんは『プペル美術館』の建設費用の一部として、6000万円をクラウドファンディングで集めました。この “ファンからお金を集める” という手法は、西野さんがよく使うものですが、しばしば『信者ビジネス』などと批判されています。

     たとえば、今回の出資者に対しては、リターン(見返り)として『子供100人を無料招待する権利』や『西野が目を見てお礼を言う権利』などという、普通では配当とは思えない項目が並び、ファンの熱心さがわかります」(同前)

     賛否はあれど、斬新な手法で次々と成功を収め、『プペル』というコンテンツを成長させた西野が、次のビジネスにと考えているのが、この『プペル美術館』の設立というわけだ。ちなみに、川西市は西野が生まれ育った場所でもある。

     クラウドファンディングで掲げられていた美術館のオープン予定日は2022年4月。無料招待のリターンについては “オープン後のいずれかの日程” と注釈があるものの、告知されていた予定日が迫っても、実際は件の土地はいまだ更地のままなのだ。

     西野のオンラインサロンで熱心に活動している参加者の一人が、事情を明かしてくれた。

    「じつは、あの土地に美術館を建てる計画は、中止になったんです。もともと住宅街の中にある土地なので、私たちも心配していたんですけどね…。

     西野さんは川西市内の別の場所に美術館を建てようと思っているみたいです。新しい場所というのがどこなのか、いまある土地はどうするのかといったことは、私たちには全然わかりません」


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/71150b201ce44f8db98fd92cadb91e8d20e7736e

    【画像あり】いまだ更地のまま放置されている、兵庫県川西市の土地
    https://smart-flash.jp/entame/175785


    【【マジすか?】キンコン西野さん 衝撃の事態が発覚・・・】の続きを読む


    西野 亮廣(にしの あきひろ、1980年〈昭和55年〉7月3日 - )は、日本のお笑いタレント、絵本作家、著作家。漫才コンビ・キンコングのツッコミ担当。相方は梶原雄太。絵本作家としてのペンネームはにしの あきひろ。 名前の「亮廣」は、『三国志』の「諸葛亮(しょかつりょう)」から「亮」という字をとっ
    38キロバイト (4,995 語) - 2022年2月27日 (日) 10:13


    焼肉は大抵美味しいよな・・・不味いのってあんまりない。。。

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/03/03(木) 14:35:45.37

    3/3(木) 13:38
    デイリースポーツ

    キンコン西野亮廣 宮迫「牛宮城」タンが*ほど美味しかった 「極みタン塩」は2200円
     
     キングコング・西野亮廣が2日付でインスタグラムに投稿。1日に宮迫博之が東京・渋谷にオープンした焼肉店「牛宮城」を訪ねたことを伝えた。

     「宮迫博之さんの『牛宮城』に行ってきました。『タン』が*ほど美味しかったです。いや、マジで。超絶オススメ!!」と感想をつづり、「宮迫さん、スタッフの皆様、ごちそうさまでしたー!」と記している。

     「牛宮城」のHPでは、タンのメニューは「黒毛和牛タンの3種盛り合わせ2980円」や「極みタン塩2200円」「ネギタン塩980円」などがある。事前に強気の価格設定と指摘された宮迫は「高いと思われる方もいらっしゃるかもしれませんけど、適正価格で提供できると思います」「食べていただければ納得していただけると思う」と語っていた。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/0f8b4440b8a84a20265ca77d9cf43f49cff33ccc


    【【牛宮城】キンコン西野 「いや、マジで。超絶おススメ!!!」】の続きを読む

    このページのトップヘ