おもしろがり速報

芸能ニュースや旬なニュースをまとめてお届けします。
芸能人、有名人、アイドルの噂やスキャンダルなど
おもしろネタや記事を配信します。

    カテゴリ:趣味 > 将棋


    藤井 聡太(ふじい そうた、2002年〈平成14年〉7月19日 - )は、将棋棋士。杉本昌隆八段門下。棋士番号は307。愛知県瀬戸市出身。 2016年に史上最年少(14歳2か月)で四段昇段(プロ入り)を果たすと、そのまま無敗で公式戦最多連勝記録(29連勝)を樹立した。その後、最年少一般棋戦優勝・タ
    187キロバイト (23,194 語) - 2022年3月9日 (水) 21:53
    歴代2位か・・・ひふみんさんて凄い人だったんだな。。。

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/03/09(水) 23:32:52.31

    3/9(水) 23:19配信
    スポニチアネックス

    佐々木勇気七段(左)と対局する藤井王将(日本将棋連盟提供)

     将棋の第80期順位戦(毎日新聞社、朝日新聞社主催)B級1組最終13回戦は9日、東西の将棋会館で6局一斉対決を行った。9勝2敗でトップに立つ藤井聡太王将(19)=竜王、王位、叡王、棋聖含む5冠=は佐々木勇気七段(27)を下して10勝目を挙げ、1位が確定。同時に来期のA級初昇格を決めた。

     19歳7カ月でのA級入りは加藤一二三・九段(引退)の18歳1カ月(1958年2月)に次ぐ歴代2位の若さ。3位は谷川浩司九段で19歳11カ月(82年3月)。

     藤井にとってこの日はともに昇級を争う8勝3敗の稲葉陽八段(33)と千田翔太七段(27)が勝ち、藤井が敗れた場合は前期順位の差で昇級を逃す可能性があった。対戦相手の佐々木は17年7月2日の初手合わせでデビュー以来の連勝記録を29で止められた因縁の相手。それでも序盤から終盤にかけて持ち時間をぜいたくに消費する「聡太流」を存分に披露し、慎重に寄せきった。

     「鬼のすみか」と称される高レベルのB級1組を1期で通過した史上最年少5冠。今春開幕する「神のすみか」A級(所属10人)で1位になれば来春の第81期名人戦7番勝負出場となり、谷川が持つ史上最年少名人記録(21歳2カ月)に挑戦することになる。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/0eec813a38a8c6e73b7b5f44ffab32e75557d6d0


    【【驚愕】藤井聡太さん ついにトップに立つ・・・・】の続きを読む


    おめでとうございます・・・

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/02/12(土) 18:25:44.15

    2/12(土) 18:24配信
    0
    コメント0件
    この記事についてツイート
    この記事についてシェア
    スポーツ報知

    渡辺明王将をストレートで破り、五冠を達成した藤井聡太竜王

     将棋の藤井聡太竜王(19)=王位、叡王、棋聖=が渡辺明王将(37)=名人、棋王=に挑戦していた第71期王将戦七番勝負第4局が12日、東京都立川市のソラノホテルで前日から指し継がれ、後手の藤井竜王が勝利し、シリーズ4勝0敗として王将位をストレート奪取した。

     藤井竜王は故・大山康晴十五世名人、中原誠十六世名人(74=引退)、羽生善治九段(51)に次ぐ史上4人目の五冠を達成した。19歳6か月での五冠は、1993年に22歳10か月で達成した羽生九段の記録を29年ぶりに塗り替える史上最年少記録となった。

     三冠を保持していた渡辺王将との七番勝負はスコアこそ一方的だったが、第1局、第3局、そして本局と熱戦続き。いずれも藤井竜王が正確無比な終盤力を発揮して競り勝った将棋だった。

     藤井竜王は2002年、愛知県瀬戸市生まれ。5歳で将棋を始めた。16年、史上最年少の14歳2か月で四段(棋士)昇段。翌17年にデビューから無敗のまま史上最多の29連勝を記録した。

     以降も数々の最年少記録を更新し、2020年には初タイトルの棋聖を獲得。今回が7度目のタイトル戦だったが、いまだに敗退知らず。今年は棋聖、王位、叡王、竜王の防衛戦を控えながら、王座挑戦の可能性を残す。

     五冠となり、現実味を帯びてきたのは全八冠同時制覇。1996年に羽生九段が全七冠(当時)を独占して以来の全冠制覇となる。藤井竜王は今後、全ての防衛戦、挑戦でタイトルを獲得し続けると、23年春に史上最年少名人に就くと同時に八冠を達成する可能性がある。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/d8cbf5b3a22407125daa3e83af99aa5f0bcead75


    【【スゲーな】藤井聡太竜王 この年齢でヤバすぎ・・・・・】の続きを読む


    はっ???キノコが苦手だって????

    1 朝一から閉店までφ ★ :2022/02/04(金) 20:02:30.64

    2022/02/04 10:37

     将棋の藤井聡太竜王(王位、叡王、棋聖、19)が注文すれば食事もおやつも売り切れ続出。そんな状況が続く中、新たな珍エピソードが生まれ、さらには棋士たちを混乱させた。今回お題になったのは「きくらげ」だ。

    【動画】藤井聡太竜王が注文した五目焼きそば(きくらげ抜き)

     藤井竜王は2月3日、順位戦B級1組12回戦で阿久津主税八段(39)と対戦、81手で快勝を収めた。初のA級入りに王手をかけ四冠保持者の実力を示したが、対局内容とともに注目を集めたのが、この日の夕食だった。
     注文したのは「五目やきそば」。豊富な野菜と肉を炒め、とろみをつけた餡を麺にかけた料理だが、藤井竜王はこの中に入れるきくらげを抜いて注文した。これを見ていたのが、ABEMAの中継で解説を務めていた高見泰地七段(28)と八代弥七段(27)だ。
     八代七段 きぐらげなしですね。
     高見七段 「四目」になっちゃうよ(笑)。きくらげってきのこですか?きのこに近いけど、きのこじゃないのか。
     八代七段 あんまり詳しくないんですよ。
     高見七段 我々、そういう常識ないもんね。最近までくらげの一種だと思っていた。
     八代七段 それはやばいんじゃない?(笑)。
     高見七段 やばい人ですね(笑)。
     考えてみれば、きくらげは他の傘があるきのことは形状も異なり、乾いた状態であれば、海藻に見えるという人もいるだろう。ただし、きくらげはれっきとしたきのこの一種だ。
     こんな勘違いされるきくらげだが、藤井竜王が食べないとなると、将棋界でも途端に理解が進む。それは藤井竜王がきのこ嫌いだからだ。昨年末のイベントあたりから苦手克服に意欲を見せていると公言し始めているが、さすがに存在感抜群のきくらげは、まだまだ難敵なのかこの日は見送る一手だったようだ。
     この「きくらげ抜き」、さらに棋士のやりとりにファンからは「きくらげもダメなんかいw」「きくらげってあんまりキノコ感が無いけどなぁ」「コリコリしてキノコっぽくないけど」「きくらげは美容に良い」など、様々な反応が寄せられていた。
    (ABEMA/将棋チャンネルより)

    https://times.abema.tv/articles/-/10013644


    【【なにぃ!?】 藤井聡太竜王 衝撃の事実が判明!!・・・・】の続きを読む


    若いのにすごいな・・・・・

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/02/03(木) 17:25:15.04

    2/3(木) 17:16
    スポーツ報知

    将棋賞金・対局料ベストテン 藤井聡太竜王は6996万円で3位

     日本将棋連盟は3日、2021年の獲得賞金・対局料ベストテンを発表した。

     1位は渡辺明名人(37)=棋王、王将=で8194万円。藤井聡太竜王(19)=王位、叡王、棋聖=は3位で6996万円。前年の4位からランクアップした。

     女流棋士は西山朋佳白玲(26)=女王=が1位(金額非公表)だった。

    【2021年獲得賞金・対局料ベストテン】

     (カッコ内は2020年の獲得額と順位/単位は万円、金額は推定)

    〈1〉渡辺明名人 8194(8043 〈2〉)

    〈2〉豊島将之九段 8145(10645 〈1〉)

    〈3〉藤井聡太竜王 6996(4554 〈4〉)

    〈4〉永瀬拓矢王座 4821(4621 〈3〉)

    〈5〉羽生善治九段 3236(2491 〈6〉)

    〈6〉斎藤慎太郎八段 2567(1338 〈16〉)

    〈7〉木村一基九段 2245(2338 〈8〉)

    〈8〉糸谷哲郎八段 1876(1502 〈11〉)

    〈9〉稲葉陽八段 1703(1395 〈14〉)

    〈10〉菅井竜也八段 1674(1445 〈13〉)


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/b1fab860afa2943b9c3ad77c869bf17709b1ba0a


    【【スゴスギ!】藤井聡太竜王 ガチで優秀・・・wwwwwww】の続きを読む


    誰なら相手になるんだ?

    1 サザンカ ★ :2022/01/23(日) 16:22:21.00

    藤井聡太竜王が連勝 最年少5冠に大きく前進 王将戦第2局
    https://mainichi.jp/articles/20220123/k00/00m/040/047000c
    毎日新聞 2022/1/23 16:19(最終更新 1/23 16:19) 314文字
    大阪府高槻市の温泉旅館「山水館」で22日から繰り広げられた
    第71期ALSOK杯王将戦七番勝負第2局(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、高槻市など共催、ALSOK特別協賛、囲碁・将棋チャンネル、立飛ホールディングス、森永製菓協賛)は
    23日午後、挑戦者の藤井聡太竜王(19)が渡辺明王将(37)を降し、開幕戦に続き連勝した。
    第3局は29、30の両日、栃木県大田原市の「ホテル花月」で指される。

    角換わりの相腰掛け銀戦となり、藤井が1日目の終わりに思い切りよく踏み込み、白熱した戦いを制した。
    後手番を勝った藤井は最年少5冠に大きく前進。
    4連覇・通算6期を目指す渡辺は連敗スタートとなり、次戦は早くも正念場となる。【新土居仁昌】


    【【スゲーな!】藤井聡太 脳…ヤバいんじゃね・・・!!!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ