おもしろがり速報

芸能ニュースや旬なニュースをまとめてお届けします。
芸能人、有名人、アイドルの噂やスキャンダルなど
おもしろネタや記事を配信します。

    カテゴリ:芸能 > テレビ・映画


    ベストテン』(英称:The Best Ten)は、1978年(昭和53年)1月19日から1989年(平成元年)9月28日までTBS系列で、毎週木曜日の21:00 - 21:54 (JST) に生放送されていた音楽番組。全603回放送。 1976年から1977年にかけて放送された『トップスター
    263キロバイト (32,876 語) - 2022年6月24日 (金) 14:28
    公正じゃなくなったんやな・・・・・・

    1 征夷大将軍 ★ :2022/07/05(火) 13:03:52.79
    デイリー新潮 7月05日
    https://www.dailyshincho.jp/article/2022/07051100/

    ■ランキング番組の「敵」はレコード売り上げの操作
    「ザ・ベストテン」などのランキング番組が消えた理由について、まず元民放音楽番組プロデューサーに聞いた。

    「理由の1つはランキングづくりが難しくなってしまったから。1980年代後半、レコード(CD)の売り上げを人為的に操作する専門業者が現れた。誰かから依頼を受けると、レコードの売り上げを調べるポイントの小売店で特定のレコードを買い漁った。するとレコードの売り上げデータが不公正なものになってしまい、ランキングづくりの妨げになった」(元民放音楽番組プロデューサー)

    レコードの売り上げデータは番組のランキングづくりにとって極めて重要な指針だったのだ。

    「ザ・ベストテン」も「歌のトップテン」もレコードの売り上げ、有線放送へのリクエスト、番組自体へのリクエストなどを基に独自のランキングを作成していた。

    「ザ・ベストテン」の場合、レコードの売り上げがランキングを決める要素の約6割を占めていた(1986年から放送終了まで)。それなのにレコードの売り上げデータが操作されてしまったら、番組の屋台骨が揺らぎかねない。

    元レコード会社幹部も「レコードの売り上げを操作する専門業者は番組にとって極めて厄介な存在になっていた」と振り返る。あのころ、専門業者の出現は音楽業界で広く知れ渡っていた。

    ランキング形式の音楽番組の時代が終わった1990年当時、番組終了の理由として「音楽の趣味が多様化」「番組を支えていたアイドルブームの陰り」などが挙げられた。どちらも真実に違いない。

    だが、視聴者が納得するランキングづくりが年々難しくなったことも大きかったのである。なにしろランキングは番組の生命線。最大の売り物なのだ。

    「今は新曲が毎週発売されるが、当時の発売日は毎月5日と21日が中心。だから専門業者は5日と21日になると、大勢のアルバイトを使い、指示されたレコードの大量買いをしていた」(同・元レコード会社幹部)

    なぜ、そこまでしたのか。言うまでもなく「ザ・ベストテン」と「歌のトップテン」に人気と影響力があったから。

    「ランキング入りすると、売り上げが確実に大きく伸びた」(同・元レコード会社幹部)

    ■出演しないアーチストの増加が衰退を招く
    特に「ザ・ベストテン」は番組のパワーが衰えていた1989年9月28日放送の最終回ですら世帯視聴率は12.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)

    1981年9月17日に記録された最高世帯視聴率は41.9%にも達した。時代が違うとはいえ、昨年大晦日の「NHK紅白歌合戦(2部)」は34.3%だから、怪物番組だった。

    別の元レコード会社プロデューサーはディレクター時代に何人ものアイドルを担当した。やはりランキング上位を目指したが、売り上げ増だけが目的ではなかった。

    「(担当していたアイドルたちに)悲しい思いをさせたくなかった」(同・元レコード会社プロデューサー)

    ランキングに入らなかったり、ライバルに敗れたりすると、アイドルたちは意気消沈したという。打ちひしがれた。担当ディレクターは見たくないはず。ランキング争いは当事者たちには戦いだった。

    そんな背景もあったから、1980年代後半にレコードの売り上げを操作する業者が現れたのだろう。

    「ザ・ベストテン」「歌のトップテン」の継続が困難になった理由はまだある。出演しないアーチストがどんどん増えていったためである。

    中島みゆき(70)、山下達郎(69)、竹内まりや(67)らいわゆるニューミュージック系や矢沢永吉(72)、BOOWYらロッカーたちは言うに及ばず、1980年代半ばからは松田聖子(60)ら歌謡曲系のビッグネームも欠席するようになる。

    「大物アーチストがランキング番組を敬遠した1番の理由はフルコーラスで歌えないから。本来は4、5分の曲が、番組用にアレンジされて、3分前後に縮められてしまう。歌のジャンルを問わず、大物になると、これは耐え難い。作品を不完全な形で世に出すのだから。さらに必ず『生』で出演しなくてはならないという縛りも大物たちには重荷になった」(前出・元レコード会社幹部)

    ランキング番組は基本的には10曲紹介される。トークの部分もある。だが、放送時間は正味50分以下。フルコーラスは土台無理なのだ。大物招聘が難しいスタイルの番組だったのである。

    ■おニャン子クラブが出演しなかった背景
    別の理由で出演しないアーチストも現れた。例えば1986年7月から約半年間、アイドルグループ「おニャン子クラブ」が、グループもメンバーも「ザ・ベストテン」には登場しなかった。

    ※以下リンク先で

    【【衝撃】「ザ・ベストテン」終了の理由…そういうことか・・・wwwwww】の続きを読む


    科学文明の崩壊後、異形の生態系に覆われた終末世界を舞台に、人と自然の歩むべき道を求める少女ナウシカの姿を描く。1984年には宮崎自身の監督による劇場版アニメ『風の谷のナウシカ』が公開された。2019年には歌舞伎化された。 漫画は『アニメージュ』1982年2月号より連載を開始し、映画制作などのため4度
    142キロバイト (24,771 語) - 2022年6月10日 (金) 12:34
    進化した衣装…高価そう・・・

    1 湛然 ★ :2022/06/10(金) 05:18:53.45
    ナウシカ歌舞伎 クシャナとナウシカの新ビジュアルが公開
    6/10(金) 5:00 スポニチアネックス
    https://news.yahoo.co.jp/articles/9496e38e62b00619ef105876a6132cd6ffcff248


    東京・歌舞伎座で7月に上演される「風の谷のナウシカ 上の巻―白き魔女の戦記―」で、皇女クシャナを演じる尾上菊之助

     7月に東京・歌舞伎座で上演される「七月大歌舞伎」(7月4~29日)の新作歌舞伎「風の谷のナウシカ 上の巻―白き魔女の戦記―」のビジュアルが公開された。

     2019年に新橋演舞場で上演された作品をリニューアル。今回は尾上菊之助(44)が主人公・皇女クシャナを、中村米吉(29)がナウシカを演じる。

     公演に先駆け都内スタジオでスチール撮影を実施。試行錯誤を重ね、初演時から進化させた衣装で撮影を行った。菊之助は「前回のクシャナの要素に、少し和のテイストを加えた」と構想。米吉も「悩みながらも自分の信じる道を行く原動力がとてもあると感じている」とビジュアルに手応えをのぞかせた。


    尾上菊之助演じるクシャナ(撮影:永石勝)。

    (出典 ogre.natalie.mu)

    中村米吉演じるナウシカ(撮影:永石勝)。

    (出典 ogre.natalie.mu)


    (出典 ogre.natalie.mu)


    (出典 ogre.natalie.mu)

    歌舞伎「風の谷のナウシカ 上の巻 ―白き魔女の戦記―」チラシ

    (出典 ogre.natalie.mu)

    【【注目】ナウシカ歌舞伎 すげえーーー…ここまで進化したのか・・・!!!!!】の続きを読む


    大河ドラマ > 鎌倉殿の13鎌倉殿の13』(かまくらどの13にん、英語: The 13 Lords of the Shogun)は、2022年(令和4年)1月9日から放送されているNHK制作テレビドラマ。大河ドラマ第61作。脚本は三谷幸喜が務める。 平安末から鎌倉前期を舞台に、源平合戦と鎌倉
    60キロバイト (7,541 語) - 2022年3月15日 (火) 16:32
    これを見つけた人って凄い・・・・。

    1 Anonymous ★ :2022/03/18(金) 19:40:53.64

    https://www.j-cast.com/2022/03/18433428.html?p=all

    平安末期~鎌倉時代の動乱を描くNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の最新話に、カメラマンとみられる人物が映り込んでいたことを受け、番組公式ツイッターは2022年3月18日に「スタッフの映り込みがありました。申し訳ありません」と謝罪した。


    (出典 www.j-cast.com)

    「鎌倉殿の13人」スタッフ映り込みで謝罪(番組公式サイトより)

    「タイムスクープハンター」思い出す人も
    映り込みがあったのは、2022年3月13日放送の第10話「根拠なき自信」のワンシーン。上総広常(佐藤浩市さん)が佐竹義政(平田弘明)を切り殺し、それを合図に北条義時(小栗旬さん)ら源頼朝軍が佐竹軍に突入する場面だ。

    義時が先陣を切って駆け込む際、義時の後ろに一瞬だけ白いものが映りこんでいる。コマ送りにして見ると、そこにはカメラらしきものを構えたマスク姿の男性が映っていた。

    「歴史好きYouTuber」のミスター武士道さんが、ツイッターでこのシーンを取り上げると、「放送事故」「バッチリ映り込んじゃった...」「平安末期の戦場カメラマン...」「当時の一眼レフはどんな写りだったんかなぁ」と話題を呼んだ。

    中には「時空ジャーナリストの要潤さんじゃないですか」「NHKだし、タイムスクープハンターに違いない」といった反応も。要潤さん演じる「時空ジャーナリスト」が過去にタイムスリップして人々の暮らしぶりを取材する設定の教養番組「タイムスクープハンター」(NHK総合、09年~15年)を思い出したようだ。

    番組公式ツイッターは18日18時、「3月13日(日)に放送した『鎌倉殿の13人』第10回において、スタッフの映り込みがありました。申し訳ありません」と謝罪。指摘した視聴者には「ご指摘くださった皆さま、ありがとうございました」と伝えた。

    3月19日13時10分からNHK総合で再放送される「鎌倉殿の13人」第10話は、該当部分を修正した上で放送するという。


    該当シーン

    (出典 i.imgur.com)


    【【驚愕】“鎌倉殿の13人”に戦場カメラマン…マジかよコレ・・・・・】の続きを読む


    視聴率保ってガンバレ・・・・

    1 鉄チーズ烏 ★ :2022/02/14(月) 19:18:00.59

    2022年02月14日
    https://mantan-web.jp/article/20220214dog00m200004000c.html

    (出典 storage.mantan-web.jp)


     俳優の小栗旬さんが北条義時役で主演を務める2022年のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(総合、日曜午後8時ほか)第6回「悪い知らせ」が2月13日に放送され、平均視聴率(世帯)は13.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。前週第5回の13.4%(同)から、0.3ポイントアップした。また同回のラストでは、佐藤浩市さん演じる“坂東の巨頭”上総広常が登場した。

     「鎌倉殿の13人」は61作目の大河ドラマ。脚本は、2004年の「新選組!」、2016年の「真田丸」に続き3度目の大河ドラマ執筆となる三谷幸喜さんで、野心とは無縁だった若者が、いかにして武家の頂点に上り詰めたのかを描く、予測不能のエンターテインメント作だ。

     第6回では、大庭景親(國村隼さん)率いる平家方の前に大敗を喫した源頼朝(大泉洋さん)の一党。この合戦で、北条家を引っ張ってきた宗時(片岡愛之助さん)ら有力な坂東武者が戦死。敵の追撃から必死に逃れる頼朝は、信頼する従者・安達盛長(野添義弘さん)らとともに石橋山山中に身を潜める。

     一方、兄・宗時の熱い想(おも)いに決意を新たにした義時(小栗さん)は、再起を図るべく父・時政(坂東彌十郎さん)とともに甲斐を治める武田信義(八嶋智人さん)のもとへ向かうが……。

     ラストで登場した上総広常は、坂東武士団で最も頼りになり最も危険な男。2万騎ともいわれる大軍勢を率いており、頼朝が合流を切望するが、その去就は読めない。

     佐藤さんは「新選組!」で芹沢鴨を演じて以来、18年ぶり4度目の大河ドラマ出演。第6回では、頼朝からの書状を読まずに握りつぶしてしまう描写もあり、SNSでは「未読無視!」「手紙握りつぶし上総介」「くそかっけ登場の仕方」「佐藤浩市ド迫力ーー! 酒飲むだけであの存在感!!」などと視聴者は反応。

     さらに「佐藤浩市の大ボス感すげーー」「佐藤浩市さん、風格があるなぁ」「ぎゃーっ、佐藤浩一かっこいいぃぃぃぃ」や、「芹沢鴨の前世か」「芹沢先生!」「マジで芹沢先生じゃんw」といった感想が飛び交っていた。


    【【朗報】鎌倉殿の13人 凄いことになってきたなー!!!】の続きを読む


    面白かったのにな・・・

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/02/11(金) 11:34:02.96

    2022.02.11 11:04
    まいじつ

    NHKの長寿番組『ガッテン!』が、2月2日に最終回を迎えた。この放送終了を巡り、ネット上では怒りの声が噴出している。

    「長寿番組の割に突然終了が発表されて、惜しむ間もなく最終回を迎えました。この時点で不自然だったのですが、最終回もかなり違和感があるものでした。というのも、司会を務めた立川志の輔から少し挨拶があった程度で、特段いつもと変わらない放送だったのです。これには〝そういう美学〟と称賛する声がある一方で、まるで半年で打ち切りになった番組のようだと違和感を指摘する声もあったのです」(芸能記者)

    実際に『ガッテン』の最終回には、

    《どのような事情であの不自然な寂しい最終回になったのか》
    《ほんと普段通りの進行で最後に告知。すんなり終わってびっくりした》
    《急に終わった感がすごい…! 四半世紀以上続いた番組なのに、最終回もいつもの放送って感じだった。いままでの反響大きかった特集とかをして欲しかったなぁ〜》
    《ガッテン最終回なのさっき初めて知ったわ。いつもとおんなじテンションだったから全然気付かんかった》
    《全然最終回仕様じゃないよねこれ。スタジオの雰囲気もいつも通りだし、まるで打ち切り漫画みたい》
    といった意見が寄せられていた。そしてその違和感を決定付けるような報道も上がってきた。

    亀裂を隠そうともしないNHKの驕り

    「2月17・24日号の『女性セブン』で、志の輔とNHK側の亀裂が報じられたのです。志の輔はあまりに突然なことに、かなり肩を落としてしまったと言います。どんな事情があるにせよ、27年続いた人気番組をあっさりと終わらせ、その功労者に後ろ足で砂をかけるような行為は気持ちいいものではありませんね」(同・記者)

    ネット上ではNHKの非情さに、

    《せめて番組改編期で良かったのではないか。志の輔さんだけでなく、視聴者にも失礼だと思う》
    《礼儀という訳ではないが、NHKは番組を見ていた視聴者に説明の義務はないのか?》
    《長年需要のあった番組をブツッと切ってお終いでは、受信料を払って観てきた人に不誠実ですよ》
    など、受信料を払っている視聴者にも失礼だと指摘する声が上がっている。

    なぜ取り繕うことすらもできないのだろうか…。

    https://myjitsu.jp/archives/333234


    【【驚愕】あのNHK長寿番組 突然の放送終了!!!・・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ