おもしろがり速報

芸能ニュースや旬なニュースをまとめてお届けします。
芸能人、有名人、アイドルの噂やスキャンダルなど
おもしろネタや記事を配信します。

    カテゴリ:芸能 > その他


    おすぎとピーコおすぎとピーコの双子の兄弟のこと。おすピー略される。 おすぎ-映画評論家。弟。 ピーコ-服飾評論家。兄。 ザ・びっくりショー 熱帯夜 - フジテレビ制作のテレビドラマ。ラジオのDJとして全話に出演。 三波伸介の凸凹大学校 ルックルックこんにちは ものまね王座決定戦 タイム3 ザ・ベストテン
    2キロバイト (252 語) - 2021年4月8日 (木) 14:06
    77歳か・・・まだまだいける年齢なのに・・・・

    1 征夷大将軍 ★ :2022/05/10(火) 07:58:43.95

    ポストセブン2022.05.10 07:00
    https://www.news-postseven.com/archives/20220510_1752071.html?DETAIL

    軽妙な掛け合いで、一躍人気者となったおすぎとピーコ。だが、最近2人のトークを耳にする機会がなくなった。突然テレビから消えた双子のいまを追うと、想像を絶する近況が明らかになった──。

    「おすぎが帰ってくるのよ。具合が悪くなっちゃって、面倒みてやらないとダメなの」

     昨年12月、バラエティー番組『5時に夢中!』(TOKYO MX)に出演したピーコ(77才)はそう話し始めた。この日のトークテーマは「あなたの周りのやっかいな高齢者」。共演者がピーコの双子の弟・おすぎ(77才)の近況について尋ねると、福岡を拠点にする弟の体調が芳しくなく、近いうちに同居を始めることを唐突に明かしたのだ。

     不機嫌そうな顔で「ちょっと嫌なの」とつぶやきスタジオを笑わせたが、ピーコは昨年から自身の環境を変えていた。昨夏、個人事務所「オフィスおすぎとピーコ」をひっそりと閉鎖。おすぎが姉から相続した神奈川県横浜市内のマンションに引っ越しを済ませていたという。

    (中略)

    「もう一緒に住めない」
     年を重ねるにつれて、おすぎは活動の拠点を地方に移すようになった。福岡県を中心に九州地方でラジオやテレビ番組に出演。九州での仕事量が東京での仕事量を大きく超え始めていた2010年、おすぎは福岡にマンションを借り、東京には週に一度のペースで通う生活を送るようになる。65才での“地方移住”だった。そのおすぎに異変が訪れたのは昨年の夏頃だったという。

    「収録中、集中力が散漫になることが増えたんです。物覚えも悪くなっていたようで、“番組に迷惑をかけるかもしれない”と本人も不安を抱えていました。どうも認知症の初期段階のような兆候があったそうです。そこでピーコさんと話し合い、横浜の自宅で同居することになったんです。昨年の秋頃から同居となりました」(福岡の番組関係者)

     おすぎは元気な頃から、「ピーコがいてくれてよかった。老後は2人で暮らしたい」「老後のお金はもう貯金してある。ピーコはお金がないから、アタシが面倒をみないと」とよく話していたという。予期していた通り兄弟での「老老介護」生活が始まったわけだが、2人を知る共通の知人は、「結果的にこの同居がよくなかったのかもしれない」と嘆く。

    「介護生活のなか、これまでとは違うおすぎさんの様子にピーコさんはショックを受けると同時に、彼自身にも同じような症状が出始めたんです。

     記憶力が落ちていき、お互いに感情の起伏が激しくなって、毎日のようにけんかをしていました。時にピーコさんが、おすぎさんを“いますぐ出て行け!”と自宅から追い出すこともありました。行くあてもなく街を徘徊するおすぎさんを警察が保護することが続き、“これ以上は一緒に住めない”という状況になったのが、今年の2月ぐらいです」(前出・2人の共通の知人)
     現在、ピーコは横浜の自宅に、おすぎは近隣の高齢者施設に入居している。つまり、おすぎは亡くなっていなかった。

    「おすぎさんは介護認定も受けており、成年後見人が決まりそうですが、自宅でひとり暮らしを続けるピーコさんも心配です。いまは、行政のかたが週に何度かピーコさんの自宅に様子を見に行っている状況。ただ、部屋にはゴミがたまっていて、身の回りのことは何もできていないように見えます。

     最近、かつての友人らに“おすぎが死んだ”“お骨になって帰ってきた”“葬式も済んだ”などという妄言を言いふらしていて、関係者を困惑させています。しかも、それは冗談という様子ではなく、幻を信じ込んでしまっているようなんです」(前出・2人の共通の知人)

     ピーコはおすぎが施設に入ったことを知らないという。

     冒頭のように、ピーコは昨年末、テレビ番組で「おすぎが帰ってくる」と語ったが、すでにその頃には同居生活は始まっていた。

    「おすぎさんはレギュラー番組を昨年秋に降板し、年末以降は“休業状態”にあります。ピーコさんも同じような状況で、お仕事ができる状態にはなかったのですが、どういうわけか、本番になるとシャキッとする。年末の『5時に夢中!』に出演したときも、ギリギリまで出るか出ないかを悩んでいた。多少の記憶違いはありましたが、無難にこなせたと思っています。でも、今年に入って以降は仕事を断っています」(前出・2人の共通の知人)

     性を超越し、昭和、平成、令和と駆け抜けたおすぎとピーコ。息の合ったあの掛け合いは、もう見ることはできないのだろうか──。
    ※女性セブン2022年5月26日号)

    (一部略、全文はリンク先で)


    【【衝撃】おすぎとピーコ 最新の姿ヤバすぎ・・・・・・・・】の続きを読む


    Sales”では首位を獲得した。「ハラミ定食」というタイトルについては、メロディやハーモニーといったピアノらしい言葉よりも、親しみを感じられる言葉を選ぶことで、ハラミちゃんらしさを出したかったとした。 CDデビュー後も精力的に活動を続け、2020年8月13日に「ハラミ定食 〜Streetpiano Collection〜
    53キロバイト (5,322 語) - 2022年4月14日 (木) 11:11
    身長高いんだ・・・スタイル抜群・・・。

    1 muffin ★ :2022/04/14(木) 22:31:17.79

    https://hochi.news/articles/20220414-OHT1T51190.html?page=1

    ポップスピアニストYouTuberのハラミちゃんが14日、自身のSNSを更新。ショートパンツ姿の爽やか初夏コーデを公開した。

    身長171センチのハラミちゃんはインスタグラムに「最近さんぽにハマっとるねん」とコメント。トップスをシャツとジレでまとめ、黒いショートパンツから美脚を披露した。

    ツイッターにも同じ投稿をし、フォロワーからは「モデルさんみたい」「めっちゃ可愛いんですけど」「やっぱハラミちゃんスタイルいいな~ 何回観ても8頭身以上だわ かわいすぎ」「本当に、足が細くて、長い」などのコメントが寄せられている。


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    【【必見】ハラミちゃん モデル化・・ネット絶賛・・・】の続きを読む


    子温(その しおん、 1961年12月18日 - )は日本の映画監督・脚本家。愛知県豊川市出身。 1961年、愛知県豊川市生まれ。父である園音巳は英語を教えていた愛知大学の教授であった。豊川小学校、豊川東部中学校を卒業。とても厳格な家庭で育った反動で17歳の時に実家を飛び出し、上京したとされるが
    47キロバイト (6,858 語) - 2022年4月5日 (火) 17:59
    社長は奥さんなんだ・・・。ショックだろうな・・・。

    1 jinjin ★ :2022/04/06(水) 07:12:30.73

    性加害報道の園子温監督、事務所が謝罪文掲載 社長は妻の元〝伝説グラドル〟


    「新宿スワン」「愛のむきだし」などのヒット作で知られる映画監督・園子温氏に対して、出演女優らが性被害を訴えている問題で、園監督の個人事務所「シオンプロダクション」が公式サイトに謝罪文を掲載した。


    サイトでは関係者書くに向け謝罪文を掲載。
    「平素は格別のご高配を賜り誠にありがとうございます。関係者各位の皆様にご迷惑とご心配をおかけしてしまい、心よりお詫び申し上げます。事実関係を整理して、改めて発表いたします」とした。それ以外のコンテンツは閲覧不可とされた。

    園監督の性加害問題は、今月4日にニュースサイト「週刊女性プライム」が、出演女優の訴えを紹介する形で報じていた。

    「シオンプロダクション」の社長は、園監督の妻でかつてはグラビアアイドルとして伝説的人気を誇った女優・神楽坂恵が務めている。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/746916bdadcbdba227863356e3065ecfad77766a


    【【注目】園子温監督の事務所 ついに・・・!!!!!!!】の続きを読む


    子温(その しおん、 1961年12月18日 - )は日本の映画監督・脚本家。愛知県豊川市出身。 1961年、愛知県豊川市生まれ。父である園音巳は英語を教えていた愛知大学の教授であった。豊川小学校、豊川東部中学校を卒業。とても厳格な家庭で育った反動で17歳の時に実家を飛び出し、上京したとされるが
    46キロバイト (6,695 語) - 2022年4月4日 (月) 18:25
    映画界はヒヤヒヤなんじゃないか?昔はこんなこといっぱいあったんだなあ・・・

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/04/05(火) 02:04:39.32

    日本映画界に波紋が広がっている。映画監督の榊英雄、俳優の木下ほうかによる“性暴力”が明るみに出たのだ。

    「『週刊文春』で複数の女優が榊監督から性行為を強要されたと告発。彼は事実を一部認め、公開直前だった映画『蜜月』と『ハザードランプ』は公開が中止になりました。木下さんも複数の若手女優に性行為を強要していた過去が報じられ、放送前のドラマから降板。芸能活動も無期限休止することになりました」(スポーツ紙記者)

     一連の報道を受けて、西川美和、是枝裕和などの映画監督有志らが、

    《加害行為は、最近になって突然増えたわけではありません。残念ながらはるか以前から繰り返されてきました》

     と声明を発表。その一方で、井筒和幸監督は、

    《日本映画の業界全体が色眼鏡で見られてしまうことが問題。監督はみんなこんなことしてるんちゃうか、と思われるのは心外だ》

     と、夕刊紙のインタビューで語った。

    出演予定の女優を呼び出して……
    「確かに、すべての監督がそうでないにせよ、少なからず現実に起こっている“異常”な実態があるんです」

     そう話すのは、さる映画配給会社の幹部だ。話を続ける。

    「今も平気で“俺とヤッたら仕事をやる”と言う映画監督がいます。彼の作る映画は評価が高く、作品に出たがる女優はたくさんいます。それを利用して、彼は当たり前のように女優たちに手を出している。それが、園子温です」

     園はカルト的な人気を持つ映画監督で、海外作品にも進出している。

    「注目を集めたのが'09年に公開された西島隆弘さん主演の映画『愛のむきだし』です。これはベルリン国際映画祭で、カリガリ賞と国際批評家連盟賞をW受賞しました」(映画ライター)

     ここから園の快進撃が始まっていく。

    「'10年には『冷たい熱帯魚』、'11年には『ヒミズ』、'13年には『地獄でなぜ悪い』の3作品を、ベネチア国際映画祭に出品。'21年にはハリウッド進出を果たすなど、世界的に評価されています」(同・映画ライター)

     私生活では'11年に園の映画に出演していた女優の神楽坂恵と結婚。'19年に脳梗塞で緊急搬送され、生死の境をさまよった末に回復。入院した2日後には長女が誕生している。そんな園の悪評が、業界内で後を絶たないというのだ。前出の映画配給会社の幹部が明かす。

    「出演予定の女優を園監督が自分の事務所に呼び出して、性行為を迫ったけれど、彼女は断った。すると園監督は前の作品に出ていた別の女優を呼び出して、目の前で性行為を始めたというんです。それを見せられた女優が驚いて固まっていたら、一緒にいた助監督が外に連れ出してくれて。助かった……と思っていたら、今度はその助監督が彼女をラブホテルに連れ込もうとしたというのです……」

     園の映画作品に出演したことがある、女優のAさんは眉をひそめ、こう証言する。

    「普段から“女はみんな、仕事が欲しいから俺に寄ってくる”と話していました。“主演女優にはだいたい手を出した”とも。ある女優さんのことを“俺のおかげで売れたんだ”と言ってましたが“別の男に乗り換えられて、捨てられた”って嘆いていました」

    ※全文はソースで

    2022年4月4日 17時0分 週刊女性PRIME
    https://news.livedoor.com/article/detail/21947551/

    (出典 i.imgur.com)


    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1649080606/


    【【衝撃】園子温氏の“性暴力” ついに明るみに・・・】の続きを読む


    リービ英雄との共著) 角川学芸出版, 2007.12 アサヒ芸能に「井筒監督の毒舌ストレート時評 アホか、お前ら!」を連載している。 ^ a b c d デジタル大辞泉「井筒和幸」 ^ スペシャルインタビュー 映画監督井筒和幸 プロフィール参照 B-Plus 2012年10月号 ^
    37キロバイト (4,597 語) - 2022年3月25日 (金) 02:35
    映画界がすべてそんな色眼鏡で見られたら、大勢の人が迷惑するよな・・・・。

    1 muffin ★ :2022/03/25(金) 19:03:00.44

    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geinox/302977

    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)



    映画「蜜月」を発端に明らかになった、榊英雄監督による性被害はとどまることを知らず、告発の声が相次ぎ、“加害者”に俳優の木下ほうか(58)がいたことを発売中の「週刊文春」が明かしている。

    演技指導の名目で自宅に誘い、パワハラ演技指導のあと、口での行為を迫られるなど生々しい証言がつづられている。木下の誘い文句には「井筒監督に紹介してやる」という言葉もあったといい、あるワークショップでは木下が俳優見習いを大勢連れてきていたという話もあり、第一線で活躍しているのをいいことに、ツテの欲しい若者をカネづるにしていたという声も。木下の恩師でもあり、今回渦中の人となっている井筒和幸監督が語った。

    23日、本人から「文春に書かれてしまい、ご迷惑をおかけするかもしれませんが、申し訳ありません」とメールが来て、どうゆうことやねん、と思っていたら、記事を読んで驚いた。ほうかに事実を確認しようと電話したけど電話に出ないから何とも言えないが、事実なら言語道断やろ。
    木下から役者として使ってくれというようなことを言われた覚えはないな…。本当に俺の名前をダシに使われたなら全部アウトやろ。本人が釈明し、悔いるしかないだろう。

    今回の件は多くの女性を傷つけたことは最大の罪だが、弱い者いじめが過ぎる。加えて、日本映画の業界全体が色眼鏡で見られてしまうことが問題。監督はみんなこんなことしてるんちゃうか、と思われるのは心外だし、主役を決めるまでにはプロデューサーや制作がいろんな俳優を連れてくるけど、こっちはいい作品を作らなければ後がないからキャスティングも命懸けでやっている。そんなよこしまなことする時間があるなら映画を作る時間に費やしたいと思う映画人がほとんどだ。若手俳優陣も、いくらツテが欲しくても毅然とした態度で断ってくれ。そんなことで主役に抜擢されるほど甘い業界でもないことを理解して欲しい。

    これじゃ監督も主演俳優も変な目で見られてしまうし、オーディションに連れられてきた俳優も“ウラで何かあったんちゃうか”と疑心暗鬼でキャスティングできなくなる。ちょっとだけ出演する程度の配役を人に任せたら足をすくわれるかもしれない。

    これが事実なら、榊監督もほうかも直接釈明し、謝罪すべきだ。俺ひとりじゃない、日本映画界がこんなドロくさい性被害で成り立っていると思われては困るからな。


    【【必見】井筒監督 めちゃくちゃ怒る・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ