おもしろがり速報

芸能ニュースや旬なニュースをまとめてお届けします。
芸能人、有名人、アイドルの噂やスキャンダルなど
おもしろネタや記事を配信します。

    カテゴリ:芸能 > お笑い芸人


    木下 隆行(きのした たかゆき、1972年〈昭和47年〉1月16日 - )は、日本のお笑いタレント、俳優、YouTuber、ボクサー。お笑いコンビ・TKOのボケ担当。相方は木本武宏。身長183cm、体重113kg(デビュー当時は70kg)。 菓子問屋の社長だった父と大分県中津市出身の母(定子)との
    21キロバイト (2,502 語) - 2022年6月13日 (月) 10:45
    とんでもなく高級な財布だなあ・・・・

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/07/03(日) 21:47:32.02
    7/3(日) 18:01
    NEWSポストセブン

    TKO木下隆行がベトナムで270万円の盗難被害、防犯カメラにおさめられた悪質手口の一部始終
    盗難被害を告白した木下
     お笑いコンビ「TKO」の木下隆行(50才)が旅行先のベトナムで集団スリによる盗難被害に遭っていたことがNEWSポストセブンの取材でわかった。盗まれたのはエルメスの高級革財布で、現金と合わせた被害総額は270万円にのぼる。犯行の一部始終は現地の防犯カメラにおさめられ、木下は旅行客への“注意喚起”として映像の一部をYouTube『TKO木下のキノちゃんねる~天まで届け~』で公開した。

     事件はベトナム最大の都市、ホーチミンの繁華街で起きた。タレント業の傍らアパレルブランドをプロデュースする木下が、人混みで賑わうショッピングモールを散策していたのは6月12日午後。買い物中に肩から掛けていたカバンに手を伸ばすと、そこに入れてあったはずの財布が無い。緊迫の現場を木下が振り返る。

    「周りを見渡してもどこにも落ちてへんし、怪しい人も見当たらない。『やられた!』と気づいて慌てて警察に駆け込んで、ショッピングモールの防犯カメラを確認してもらったら、スられた時の様子がはっきり映っとったんです」

     木下の愛用していた財布はエルメスのクロコダイルで、定価220万円の超高級品。2019年にYouTuberのヒカキンが紛失して騒ぎになった財布と同タイプだ。さらに、財布の中には買い付けのために用意した日本円とベトナムドン、合わせて50万円近い現金が入っていたという。
    「その時は全然気づかんかったけど、映像を見ると、僕の周りを4人組の男女がずっとつけ回しとるんです。女の人がカバンから財布を抜き取る映像もあるし、これで犯人が特定できるかもしれないと思いました。ところが、警察の方は油断していた僕が悪いといった態度で、次々に起きる別の事件の方に行ってしまわれたんです」

     近年、ベトナムの都市部では観光客や外国人をターゲットにした盗難被害が多発し、現地の警察も対応に苦慮している。白昼堂々スリを繰り返す窃盗団や、防犯カメラを意識して男が女装して犯行に及ぶケースも珍しくないという。

    「けっきょく財布は戻ってきませんでした。ほんまに大事にしていた特別な財布やったんで、ショックでもう悲しくて悲しくて……。せめて、みんなが海外で同じような思いをしないよう、注意喚起の意味で防犯カメラの映像をYouTubeで公開することにしました。コロナが落ち着いて、久々に海外に行く計画を立てている人も多いと思うけど、気いつけたほうがええですよ」

     各地の入国緩和が進み、観光客が増えるこれからのシーズンはスリや窃盗団にとっても格好の稼ぎ時。久々の海外旅行だからこそ、隙を見せて狙われないよう十分に注意したい。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/1af4b0ed183dfcc12e4c66e3111189c153d8693e


    (出典 Youtube)


    【【驚愕】TKO木下 マジかよ…こりゃあとんでもない災難だったなあ・・・wwwww】の続きを読む


    見取り図(みとりず)は、吉本興業東京本部に所属する日本のお笑いコンビ。2007年5月結成、NSC大阪校29期出身。M-1グランプリ2018・2019・2020ファイナリスト。2022年4月に活動拠点を東京に移した[要出典]。 盛山 晋太郎(もりやま しんたろう、1986年〈昭和61年〉1月9日 - )(36歳)
    41キロバイト (4,795 語) - 2022年7月2日 (土) 23:52
    グリーン車は乗り心地がいい・・・・・・

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/07/02(土) 16:35:19.25
    7/2(土) 15:12
    デイリースポーツ

    見取り図 ついにグリーン車に昇格 昨年は新幹線180往復以上、東京200泊
     
     お笑いコンビ「見取り図」が2日、カンテレ(関西テレビ)「おかべろ」に出演。「去年1年間、ずっと通いで東京でやらせていただいてたんですけれども」(盛山)と今年1月から東京に拠点を移したことを説明した。

     盛山によると、昨年だけで東京のホテルに200泊、新幹線で東京-大阪を180往復以上したといい、「けっこうつらかったです」と振り返った。

     一流芸人の証といえば、グリーン車。NON STYLE・石田から「もうグリーンなった?」と質問されると、盛山は「おかげさまでもう…、この4月に…」と今年4月から新幹線がグリーン車に“昇格”したことを謙虚に報告。ナインティナイン・岡村隆史が「嬉しかったでしょ?グリーン」と聞くと、「めちゃめちゃ嬉しかったです」と即答。岡村も自身を振り返り、「グリーンは嬉しかったの、覚えてる」と大きくうなずいた。

     盛山は「席の幅とか全然違いますね」と感動し、グリーン車で明石家さんま、中川家・礼二、蛍原徹らに一度に遭遇したエピソードを披露しながら、「グリーン車は出会う人が違いますね」と驚いていた。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/f6e4e0d7a380b1affee329e299e99c17230fd1ab

    【【注目】見取り図 めちゃめちゃ嬉しかった模様・・・wwwwwwwwww】の続きを読む


    近藤 春菜(こんどう はるな、1983年(昭和58年)2月23日 - )は、日本のお笑いタレント。お笑いコンビハリセンボンのツッコミ担当。相方は箕輪はるか。 東京都狛江市出身。吉本興業所属(専属エージェント契約)。 狛江市生まれ。狛江市立狛江第一小学校、狛江市立狛江第一中学校、国本女子高等学校、桐
    35キロバイト (4,370 語) - 2022年6月5日 (日) 07:44
    これは食べたくなるよなあ・・・・・

    1 muffin ★ :2022/07/02(土) 15:40:12.88
    https://sirabee.com/2022/07/02/20162888309/
    2022/07/02 12:55

    2日放送『今から行きたい至極グルメ ほほおちゴハン!』(テレビ東京系)に、人気女芸人・ハリセンボンの近藤春菜が登場。バンバーグ好きの彼女がオススメのハンバーグ店を明かし、大きな反響が起きている。

    乃木坂46の元メンバー・高山一実が、さまざまなグルメの有識者が「頬が落ちる(ほほおち)」ほどおいしいと称える絶品グルメを紹介していく同番組。

    今回は、1,500軒以上のカフェを巡ったカ*イター・川口葉子さんが「ほほおちマイスター」を務め、「いまから行きたい東京5大カフェめし」を提案。高山とゲストの近藤がそのカフェを訪れた。

    代官山の寺カフェでカフェめしを堪能したのち、高山は「よく行く、ほほおち店はありますか?」と質問。近藤は「大好物はハンバーグでいろいろ食べましたけど、結局、びっくりドンキー」と全国に展開するハンバーグレストラン・びっくりドンキーの名を挙げる。

    地元・東京都狛江市のびっくりドンキーに、幼いころから通っていた近藤。

    オススメは『チーズバーグディッシュ エッグトッピング』で、「ソースも別で追加でもらってください。醤油ベースのスゴいおいしいソースなんだけど、『別でください』って言ったらくれるから、それでハンバーグをビチャビチャにして食べてください」と独自の食べ方を力説。ハンバーグだけでなく、調味料やディッシュ皿、創意工夫のある料理の数々に触れ、「とにかくビックリさせてくれるのよ」と嬉しそうに語った。

    近藤のびっくりドンキー愛が爆発した今回。
    同店を体験済みの視聴者からは「びっくりドンキーうまいよねー」と近藤に共感する声もあった。


    (出典 www.bikkuri-donkey.com)

    【【唖然】近藤春菜 ついに爆発!!!これは独特だなあ・・・wwwwwwww】の続きを読む


    インパルスは、吉本興業に所属する板倉俊之と堤下敦からなる日本のお笑いコンビ。コンビ名の由来は、結成当初に堤下が乗っていたオートバイ(スズキ・GSX400インパルス)の名前から。 板倉 俊之(いたくら としゆき、1978年1月30日 - )(44歳) ボケ(たまにツッコミ)・ネタ作り担当、立ち位置は向かって右。
    26キロバイト (3,601 語) - 2022年7月2日 (土) 22:39
    聞いとけばよかったな・・・・・

    1 muffin ★ :2022/07/03(日) 02:15:00.98
    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/4294715/
    2022年07月03日

    明石家さんまが2日放送の「さんまのお笑い向上委員会」(フジテレビ)で、先月、車を運転中に物損事故を起こしたお笑いコンビ「インパルス」の堤下敦について言及した。

    さんまはオープニングトークで「今日もフジテレビ不祥事起こした感じやな。さっきも(関係者から)『すみません、さんま師匠。フジテレビも色々、迷惑かけまして』と言われて俺も『おう』と言うててんけど『こちらこそ堤下がすみません』って。チャラになったんや(笑い)」と明かした。

    さんまは続けて前回、堤下が事故を起こした際に「あの時に運転やめとけ言うたよな」と忠告したという。すると共演者の陣内智則が「1回ありましたもんね。もう1回免許を取り直したらしいですよね。あれでなくなったはずなんですけど、もう1回取り直したんですよ堤下は」と免許を再習得していたことを明かした。

    それを聞いたさんまも「運転せえへん言うてたけど、そうか…」と驚いていた。

    堤下は2017年にも睡眠導入剤を飲んで車を運転中に意識もうろうの状態で電柱に激突する事故を起こしていた。

    【【驚愕】インパルス堤下 衝撃!!!そんなこと忠告されてたんかあ・・wwwwwwww】の続きを読む


    ゆりやんレトリィバァ(本名:吉田 有里(よしだ ゆり)、1990年〈平成2年〉11月1日 - )は、日本のお笑いタレント、アイドル。女優。吉本興業東京本部(東京吉本)所属。第1回女芸人No.1決定戦 THE W優勝者、第19回R-1グランプリ優勝者。アイドルグループ吉本坂46のメンバー。
    46キロバイト (5,819 語) - 2022年6月30日 (木) 03:59
    身体に悪そうだけど・・・大丈夫かあ?

    1 シャチ ★ :2022/06/30(木) 10:25:31.74
    6/30(木) 6:00配信 クランクイン!
    https://news.yahoo.co.jp/articles/5256747e3fc71537d3fd28fcbb6096cd7f558f5c
     ゆりやんレトリィバァが主演を務め、80年代女子プロレスの“最恐ヒール”ダンプ松本を演じるNetflixシリーズ『極悪女王』が、2023年に配信されることが決まった。ゆりやんはNetflix作品初出演にして初主演。

     本作は、1980年代にカリスマ的人気で女子プロレス旋風を巻き起こしたダンプ松本の知られざる物語。ゆりやんがダンプ松本にふんする。企画・脚本・プロデュースは鈴木おさむ。監督を白石和彌が務める。

     1980年代、男女の不平等や女性蔑視が問題視されずに当たり前であった時代の日本が舞台。そんな時代と格闘し、日本中を熱狂させ空前のブームを巻き起こしたのは女子プロレスだった。正統派プロレスラーとしての成功に憧れながらもクビ寸前だったダンプ松本(ゆりやんレトリィバァ)が悪役に転身し、仲間たちとの友情と戦い、さまざまな代償や葛藤を抱えながら“日本史上最も有名なヒール”に成り上がっていく様を描く。

     近年、海外での活躍も目標に掲げているゆりやんレトリィバァは、本作のオーディションに自ら志願し、主役を勝ち取ると、演じる上で大きな挑戦でもある“実在する人物”に挑むため、フィジカル面での役作りから開始。1ヵ月に一度行われるメディカルチェックで健康を保ちながらパーソナルトレーナーと二人三脚でプロレスラーとして必要な筋力トレーニング、さらにクラッシュ・ギャルズのタッグで絶大な人気を誇り、ダンプ松本と共に女子プロレスブームの中心にいた長与千種を指導者に招いたプロレス訓練に臨み、コメディアンとして活躍する傍らアスリート並みの身体作りを1年間にわたって敢行。並々ならぬ意欲でクランクインを目前に控えている。

     ゆりやんは「体重は現在65キロから93キロになりましたが、体も元気で、ほぼ毎日トレーニングをして大きくなっていく体が可愛すぎて楽しいです! 街を歩く時は極悪同盟さんの登場曲を聴きながら歩いて気持ちを作っています」とした上、「ダンプ松本さんの凄さ、素晴らしさ、極悪さ、かわいらしさを演じられるように頑張ります! よりダンプさんに近づけるようになりたいです!!」と意気込みを見せている。

     Netflixシリーズ『極悪女王』は、Netflixにて2023年配信。
    (以下ソースで)

    【【必見】ゆりやんレトリィバァ マジかよ…これはお見事・・・!!!!!!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ